冬が近づいてくると、マイカー、仕事用の車も同じですが、冬タイヤ(スノータイヤ・スタッドレスタイヤ)に交換する時期が近づいてきます。 冬タイヤを履かせるには、タイミングが難しいのですが、車の利用状況でも変わってきます。

例えば、冬場にマイカーで帰省したり、住まいが山間部に近かったり、高速道路を頻繁に利用したり、何れも利用環境などで、冬タイヤへ交換の時期が変わってくるのです。 冬は、北海道からどんどん南下するイメージですが、北海道が雪に覆われる時期には、本州の山間部や山間部を通る高速道路では、「チェーン規制」がかかってしまうなんて事も良くあります。また、雪が降り始めてから冬タイヤへの交換に修理工場や大手のカー用品量販店でもタイヤ交換が殺到し、直ぐに対応してもらえないことも良くある話です。

あらかじめ、冬タイヤへの交換の時期を見ながら、余裕を持って交換することをオススメします。

 

① 冬タイヤ(スノータイヤ・スタッドレスタイヤ)への交換は早めに。

本州なら11月後半から12月初旬までに。

最近は、予想外の天候不順に見舞われることが多くなってきていますが、冬の入口に差し掛かる頃、コートがないと外に出るのが寒いと感じる頃になったら、冬タイヤへの交換の時期です。雪が降る前の時期になると気温も下がってきますからね。特に山間部なんかでは、霜が降りたりしていらた、直ぐに冬タイヤへの交換をした方が良いでしょう。私も11月の最終週末か12月の最初の週末に冬タイヤへの交換を行うようにしています。 雪が振ってからは、修理工場や大手のカー用品量販店に依頼しても、すんなりと交換できないことも多いですからね。

tire 4

 

 

 

 

② 冬タイヤ(スノータイヤ・スタッドレスタイヤ)を新たに安く購入するには。

最近では、タイヤ専門店が多くなり、大手のカー用品量販店の価格よりも安くタイヤを提供してくれます。 またタイヤ専門店では、在庫も多く、多くのメーカー、多くの種類のタイヤを扱っているので、価格や性能を比較しながら、自動車に合わせた最適の冬タイヤを購入できます。 新品の冬タイヤは、そこそこ値段も高いですが、タイヤ専門店等では、前年に製造された冬タイヤが在庫としてあったりもしますので、「型落ち」にはなりますが、高性能の冬タイヤを安く購入できたりします。ですので、早めの冬タイヤ交換には思いがけないメリットがあったりします。

 

③ 冬タイヤは、ホイールごと購入しておくと便利。

単純にタイヤ交換をするのであれば、タイヤのホイールを購入しておく必要はありませんが、冬タイヤに限っては、シーズンが終われば、夏タイヤ(通常のタイヤ)に戻す必要があります。 その際に、手早く簡単に交換を行い、保管するには、冬タイヤとホイールをセットにしておくと便利です。冬タイヤを保管するには、カバーをかけ、直射日光が当たらない場所に保管しておく必要があります。 シーズン中しか使わない冬タイヤにホイールをセットしたままにすると、新たなシーズンの到来の際に、簡単にリーズナブルに交換が可能となりますので、一考に値します。 また、夏タイヤへの交換、夏タイヤから冬タイヤへの交換も、ホイールを留めているナットを外せば交換できるので、自宅での交換もできます。

※ タイヤとホイールを自宅で交換する際には、ジャッキを利用したり、ナットの締め方に注意が必要です。

 tire 1

 

 

 

④ 冬タイヤは雨に弱いので要注意!

新品の冬タイヤに関しては、直ぐに十分な性能を発揮できないこともあります。メーカーによっては、200キロ程度の慣らしを推奨するところもあります。 新しいタイヤには、保管上での劣化を防ぐ為、表面を保護する油脂系の薬剤が塗られていることも多くありますので、慣らしでタイヤの表面の皮むきを行うことで、タイヤの性能が発揮できる様になるのです。 冬タイヤの場合は、タイヤの溝に加えて、滑りを抑える為に、切れ込みが複数あります。通常の夏タイヤと比べると、溝や細かな切れ込みが多いので良く分かります。ところが、ゴム自体も夏タイヤと比較した場合、硬い傾向になり、それが雨天時の滑りやすさにつながっています。雪では強いのですが、雨天では夏タイヤに比べ性能が劣る傾向になるのは間違いありません。ですので、冬タイヤを履いての雨天時走行の際には、スピードの出しすぎには注意を払う必要があります。

tire 3

 

 

 

⑤ タイヤの保管の仕方にも注意。

③にも書きましたが、冬タイヤに交換すれば、夏タイヤの保管が必要になり、夏タイヤに交換すれば、冬タイヤの保管が必須になってしまいます。 保管する際に、雨ざらしにしてしまうと、折角のタイヤの劣化を招いてしまいます。タイヤの保管は、直射日光の当たらない場所に保管しておく必要があります。倉庫が無いご家庭の場合には、ホームセンター等で売っているタイヤ保管用のラックを利用し、カバーをかけておくと便利です。タイヤの素材はゴムですので、直射日光と雨ざらしを避け、保管できるのであれば、ご自宅ガレージの隅やベランダの一角でも良いと思います。

tire 6

 

 

 

 

⑥ タイヤ交換の予算が厳しい時には、中古タイヤ

中古タイヤと言うと、不安を感じる方も多いと思いますが、最近では中古タイヤ専門店もあり、クオリティーの高い中古タイヤもあります。自動車の買い替えをおこなった際に、以前の冬タイヤが新しい車両に適合しない等の理由で持ち込まれたモノが多いため、ワンシーズンしか利用していないような使用頻度が低い中古タイヤが見つかったりします。 中古タイヤを扱う業者も販売したタイヤが原因の事故や故障があると信頼度を下げることにもなりかねないので、入念なチェックと独自の検査をしたものしか再販しないようですので、安心して買えると思います。 予算が厳しい時には、中古タイヤも良いかも知れません。

 

以上の6つが、冬タイヤ(スノータイヤ・スタッドレスタイヤ)交換時のポイントとなります。 車は命を運ぶ道具でもあります。備えあれば憂いなしです。タイヤの交換は、早めに手がけ、冬のシーズンが終われば、夏タイヤに戻す(本州なら3月のお彼岸が目安)、タイヤの溝が少なくなってきたら交換するといったタイミングを自分なりに見極め、自動車事故の未然防止に心がけることも大切です。

是非、参考になさって下さい。

tire 5