皆さんは、知ってましたか?
食用オイルを分け方で、オメガなんちゃらかんちゃらと
分けられることを。
私なんか食用オイルと言えばサラダオイルしか浮かばず、
後はゴマ油や、健康に関する良いといわれる
オリーブオイルくらいしかわかりません。

そしてそれらは、取る材料が違うだけで、
体には皆同じだと思っていました。
そんなとき、健康についての特集をよく扱っている番組で、
たまたま食用オイルの特集をやっていて、その中で、
食用オイルを種類で分けるとオメガ3系やらオメガ6系等、
聞きなれない名前が飛び出し「オメガってなんぞや?」と
興味をそそられ、つい見入ってしましました。
今日は、そんな食用オイルのお話です

食用オイルの分け方、!

この番組で初めて知りましたが、食用オイルは
脂肪酸によって種類が分けられるそうですが、
みなさん、ご存じでしたか。
脂肪酸とは脂質を構成する主成分のことで、
これをまた飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の
2種類に分けられるそうです。
人間が体内で合成できる飽和脂肪酸は、バターや
ラード等にも含まれておりまして、
不飽和脂肪酸も、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸
の2つに分けられます。
その中で、一価不飽和脂肪酸はオメガ9系と呼ばれ、
多価不飽和脂肪酸は更に、オメガ3系とオメガ6系に分けられます。
そしてそれぞれに、効果効能が違うとのことです。
やっと、オメガが出てきましたね。

オメガ9系の種類と効果、効能は!

オメガ9系の代表的なオイルといえば、なんと言っても健康に良いと言われる
オリーブオイルでしょう。ほかにも、アボガドオイル、アーモンドオイル、アルガンオイル、米油等があります。

オメガ9系の主な成分はオレイン酸で不飽和脂肪酸の中で最も酸化しにくく、
保存しやすいので調理に使いやすいのが特徴です。体に優しいオリーブオイル
オレイン酸の効能としては、
1. 体内の酸化や活性酵素を防ぎ脳
や体の細胞を健康にする
2. 血液をサラサラにする
3. 悪玉(LDL)コレステロールを
減少させる
4.動脈硬化・心筋梗塞の予防
5.便秘解消
6. 胃酸過多や胃潰瘍の予防
などが言われています。

オメガ6系の種類と効果、効能は!

オメガ6系の主要脂肪酸はリノール酸で、体内で作ることのできない必須脂肪酸です。馴染みが多いオイルとしては、豆油とキャノーラ油を混合しているサラダオイル
どの家庭でも一番使われえています。
後は、ゴマ油、菜種油、紅花油、ヘンプシードオイル、グレープシードオイル
などです。

効果効能としては、
1.血圧を下げる
2. 皮膚の保湿
3. 子供の発育を促進する
などが言われていますが、生活の中でお菓子やパンなどの加工品や、
レストランなどの外食から自然に摂っている脂肪酸なので、逆に摂り過ぎると
1.アレルギー症状が出る
2.老化を促進
3.免疫力を弱める
等のリスクがありますので、取り過ぎには注意しなければならない食用オイルです。

オメガ3系の種類と効果、効能は!

オメガ3系もオメガ6系と同様、体内で作ることができない脂肪酸です。
オイルの種類では、えごま油、亜麻仁油、グリーンナッツオイル、チアシードオイル
などがあります。
αリノレン酸が主成分で、体内に入ると魚の脂肪に多く含まれている
EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変化します。
DHAは脳をつくる重要な成分であり、脳の血管をしなやかにします
また学習能力や集中力を高め記憶力の低下を防ぎます。
認知症発症リスクは低減するという報告もあります。

まだまだあるあるオメガ3系の効果、効能!

その他にも
1.中性脂肪を減らす
2.アレルギー症状の緩和
3. 動脈硬化などの生活習慣病の予防
4.ガンの抑制
5.免疫機能を整える
6.うつの予防・緩和
など様々な効果効能が期待されています。
特にえごま油は、一時品薄になったりも
しました。

食用オイルで、もっとも摂取量が好きないのが、このオメガ3系で
厚生労働省もオメガ3系の脂肪酸を摂るようにすすめており、
量としては、1日の推奨摂取量は大さじ1杯程度です。
注記)オメガ3系のオイルは熱に弱く、加熱調理には向いていません。

食用オイルは、種類別に摂取しましょう!

翌日私は、早速エゴマオイルを求め、スーパーへと行きました。
値段を見ると「た、高い~!」と一瞬思いましたが、
これだけの効果効能があるサプリメントだったらもっと高いだろうと
思えば、安いもんです。
老化防止、ボケ防止の為に、今でも毎日欠かさず大さじのスプーン1杯
飲んでおります。