今までは母乳やミルクをただ「飲む」という行為しかしてこなかった赤ちゃんが5〜6ヶ月頃から離乳食が開始され私たちと同じように食べ物を口にするようになります。
赤ちゃんの身体はデリケートだし、何を食べさせたらいいかわからない!食材って大人と同じものでいいの?などハテナと不安でいっぱいだと思います。
今回は離乳食の献立や使用する材料について紹介していきます。

離乳食の進め方

まずは離乳食開始の目安ですが、赤ちゃんが大人の食事の様子をじっと見つめる、一緒に口をもぐもぐするといった様子が見られたらチャンスです。離乳食を開始しましょう。
まずは1日1回ワンスプーンからです。いきなりお皿の食事を完食させるのは、初めて口から物を食べる赤ちゃんにとっては困難です。
まずは、小さじ一杯から始めます。
離乳食の形態ですが、なめらかにすりつぶした状態のものを与えます。ヨーグルトくらいの固さがベストです。噛まないといけないものや舌ですりつぶす必要のあるものは段階を追って進めていきます。
初めての離乳食ではつぶしがゆを与えます。徐々につぶした野菜、豆腐、白身魚なども試していきましょう。
離乳食を進める上でのポイントは、大人も一緒に楽しむことです。赤ちゃんに食事の楽しさを知ってもらうためには大人が笑顔で食べさせてあげる、明るい言葉かけを行うなどが必要です。
離乳食を始める時期に赤ちゃんが薬などを飲んでいる場合、絶対に散剤を離乳食に混ぜるなどしないでください。薬の苦味を離乳食の苦味と勘違いして食事を嫌ってしまいます。注意してくださいね。6ヶ月 離乳食 献立

離乳食におすすめの食材と献立

離乳食の進め方や形態については分かっていただけたでしょうか。つぎに離乳食に使用する食材と献立について紹介したいと思います。
6ヶ月の赤ちゃんにはまだはやい食材などもありますのでしっかりおさえておきましょう。
お米は基本ですので大丈夫です!
野菜を使用した献立を紹介します。

  • ほうれん草とバナナ
  • コーンポタージュ
  • じゃがいものスープ
  • トマトをすりつぶしたもの
  • 玉ねぎのミルク煮

ほかにもブロッコリーや茄子、大根、きゅうり、白菜なども試してみてください。
果物は、りんごや桃、みかんなどです。どれもヨーグルト状にすりつぶしてください。
魚は白身魚はいいですが、赤身や青魚、ちくわなどの練り物はやめましょう
肉類は基本的には6ヶ月の赤ちゃんには適しません。離乳食に慣れた7〜8ヶ月ごろにあげましょう。
卵はアレルギーの心配などもあるため、6ヶ月の赤ちゃんにはやめましょう。こちらも肉類同様7〜8ヶ月になったら少しずつ開始します。
先程から、形態についてヨーグルト状と説明していますが、実際には乳製品はNGです。海藻類や豆類もこの時期には適しません。
また、はちみつは乳児ボツリヌス症を予防する意味でも与えるのは避けましょう。
このように6ヶ月の赤ちゃんが離乳食として食べられる食材は意外と少ないのです。
しかし、赤ちゃんは私たち大人と違い、胃も小さいですし、食事が楽しいものだと知る段階ですので献立よりも安全性、楽しさを重視した離乳食としましょう。6ヶ月 離乳食 献立

さいごに

赤ちゃんにとって、離乳食は未知の世界です。大人が食べているものを食べる前準備として離乳食を始める時期はとても大切になってきます。嫌がる時は無理して食べさせず、赤ちゃんの機嫌のいい時にあげるようにしましょう。あくまでも離乳食は食事の楽しさを知ってもらうものということを忘れずに!
そして、離乳食は1日1回ワンスプーンなのでそれだけでは満腹にはなりませんよね。なので、ミルクや母乳は今まで通り欲しがる時に欲しがる分だけ十分に与えてくださいね。6ヶ月という時期は離乳食の開始というだけで、栄養のほとんどは母乳とミルクからです。ママのお仕事が少しだけ増えてしまいますが、愛する我が子の食行動のため、愛を込めて離乳食を作ってあげてくださいね。