母の日といえばカーネーションを贈る方が多いと思います。

私も毎年カーネーションを贈っているのですが、なぜ母の日といえばカーネーションなのでしょうか?

また、カーネーションだけだとちょっと寂しいですよね。

だからこそカーネーションを中心に花束にしてプレゼントするのはいかがでしょうか?

今回は母の日にカーネーションを贈る由来と、カーネーションと相性の良いお花の組み合わせを特集していきたいと思います。

 

なぜ母の日にカーネーションを贈るのか?

白いカーネーション

そもそも母の日というのはなぜ5月の第2日曜日なのでしょうか。

その由来はアメリカにあります。

アメリカで1910年にウェストバージニア州で始まり、少しずつ広まっていったのがきっかけです。

正式に「母の日」が定められたのは1914年です。

その背景にはアンナ・ジャービスという人物の働きかけがあったと言われています。

 

彼女の母はかつて南北戦争の負傷兵のケアを行っていた人物です。

その偉大な活動を行っていた母が亡くなった2年後に娘のアンナが亡き母を追悼するための会を1907年5月12日に催し、その時に母が好きだった白いカーネーションを配ったのです。

これが「母の日」の起源とされ、母の日=カーネーションというイメージが定着しました。

日本で「母の日」が始まったのは明治頃からです。

 

花に言葉を託す風習

皆さんが当たり前のように知っている花言葉というものですが、その起源は案外新しかったりします。

花に言葉を託す風習が始まったのが17世紀のトルコといわれ、そこから世界に広まっていったのです。

そのため、世界の国によって花の意味するものが異なります。

日本にこの風習が伝わったのは明治といわれています。

もちろん、日本の花言葉と世界各地の花言葉も違っており、さらに時代と共に変化する花言葉も存在しているのです。

 

カーネーションの花言葉

カーネーションは色によって花言葉の意味が異なります。

一般的に赤いカーネーションを贈るイメージですが、きちんと意味を理解している人はどの程度いるのでしょうか。

そこで、今回はカーネーションの花言葉を色別に復習していきましょう!

 

まず、カーネーション自体の花言葉は「女性の愛」「感動」「感覚」「純粋な愛情」といったものになります。しかし、これは色によって意味が変わるので、色ごとに次は見ていきましょう。

 

赤:母の愛・母への愛

ピンク:感謝の心・熱愛

白:私の愛情は生きている

オレンジ:熱烈な心

黄:軽蔑・嫉妬

青:永遠の幸福

 

どのカーネーションを贈ってもいいですが、やはり黄色はさけるのが無難でしょう。

色を組み合わせて贈ってみてもいいかもしれませんね。

しかし、メインはやはり赤いカーネーションにするべきでしょう。

花束を作るのであれば赤いカーネーションを中心にして他の色や花を組みあわせたものを贈ることで感謝の気持ちを伝えられると思います。

 

カーネーションと相性の良い花の組み合わせ

花束

カーネーションの花束を贈るのであれば、やはりカーネーションだけだと物足りない印象になってしまいかねません。

特に大きな花束を贈りたいという方は是非とも違う花も組み合わせて綺麗な花束を完成させましょう!

 

カスミソウ

カスミソウはどの花とも相性がいい花です。

ちなみにピンクのカスミソウもあります。

花言葉は白が「清らかな心」でピンクが「感激」です。

どちらも贈り物としてはぴったりな意味になるのではないでしょうか。

 

バラ

やはり女性に贈る花の定番といえばバラは外せませんよね!

母親だって女性ですから、バラをもらって嬉しくないはずがありません。

しかし、バラは色だけでなく本数や状態によっても花言葉が変わる難しい花です。

そのため、今回はオススメの色と本数を紹介しましょう!

 

バラでオススメなのはやはり白いバラです。

花言葉は「純潔」「私はあなたに相応しい」の他に「深い尊敬」というものがあります。

母親への尊敬の気持ちを白いバラにのせて伝えましょう。

そのほかの色でオススメはピンクです。

ピンクは「淑やか」「上品」「感銘」といった意味合いがあります。

これも母親に贈る花としてはぴったりでしょう。

 

バラのオススメの本数は5本または8本です!

5本:あなたに出会えた事の心からの喜び

8本:あなたの思いやり、励ましに感謝します

本数で意味が変わることまで知っている人は少ないですから、こうして密かな気持ちを花に託すというのもロマンチックで良いと思います。

 

ガーベラ

ガーベラも色によって意味が変わりますが、基本的な意味は「希望」「常に前進」といったものです。

西洋だと「元気」や「美」といった意味合いもあるようですね。

オススメはやはりピンクのガーベラです。

意味は「崇高美」ですが西洋の意味だと「感謝」「思いやり」になります。

もしくは母親らしい強さという意味合いでオレンジのガーベラもアリだと個人的には思います。

花言葉は「我慢強さ」です。

母親という存在にぴったりの花言葉だと思うのですがいかがでしょう?

まとめ

カーネーション

母の日の歴史を知った以上、やはりカーネーションを贈るということは外せませんね。

もちろん1本だけにしてプレゼントを別途用意するというのもアリです。

しかし、母親も女性なので花束というのもとても喜ばれるものでしょう。

その花束があなたの選んだ花で構成されているのであれば尚更です。

だからこそ、花言葉を意識して花束を作りましょう。

日頃素直に母親に気持ちを伝えるというのはとても難しいことです。

だからこそ、花があなたの代わりに想いを伝えてくれるのです。

母親はいつまでも元気でいるわけではありません。

感謝を伝えられる存在がいるということはとても尊いことなのだということを忘れないでくださいね。