11月くらいに神社にお参りに行くと七五三らしき子どもを見かけて癒されますよね!

ちなみに私は七五三の時に着物が窮屈で一日不機嫌だったそうです(笑)

 

でも、七五三で具体的にはいつやるのが正解なのでしょうか?11月くらいにやるのは皆さん知っていると思いますが、具体的な時期について知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

それに、七五三について詳しく語れる人もそういないと思います。

そこで!

今回は七五三に関する知識を皆さんに紹介していきたいと思います!

 

七五三の由来は?

七五三は7歳、5歳、3歳の子どもの成長をお祝いするための行事です。その伝統の歴史は江戸時代にまでさかのぼるそうです。

元々お祝い自体は平安時代からあったそうですが、庶民の文化として浸透したのが江戸時代だそうです。

 

昔は今ほど子どもの生存率は高くありませんでした。飢饉や疫病といったものが流行れば真っ先に犠牲になるのは子供です。そのようなことから7歳まで無事に成長するということはとても尊いことだったのです。

だからこそ、その節目でお祝いする風習が出来たんですね!

 

・3歳:男女ともに髪を伸ばし始める髪置(かみおき)

・5歳:男の衣装である袴を着る袴着(はかまぎ)

・7歳:女の子の着物帯の装い始め帯解(おびとき)

 

5歳が男の子のみ、7歳が女の子のみであるかどうかは地方によって違うとか⁉

うちの地域はまさにそれだったので、男女の違いがない地域があるということにかなり驚きました。

 

七五三の時期は?

本来の正しい七五三の日は11月15日です!

江戸時代の3代目の将軍家光がのちの5代目将軍になる綱吉(幼名:徳松)が病弱であることを心配し、5歳で行われる袴着の儀を執り行ったのが11月15日だったことに由来するそうです。

なぜその日になったのかというと、徳松の髪置の儀を11月中旬に行おうとしたものの、吉日が見つからなかったそうです。そのため、側近が調べた結果、二十八宿という選日法で最もめでたい鬼宿日(鬼が出歩かない日)が15日であったので11月15日に行われることが決まりました。これに庶民が倣ったというのが有力な説のようです。

 

また七五三を全て足した数が15になるからという説もあり、七五三において15という数は神聖な数にあたるようです。

 

しかし、現代では11月15日にこだわらず、それに近い祝日に七五三を行う家族が多いようです。

 

七五三のお参りは何のため?

七五三のお参りで行く神社は家の近くの神社であることが本来のしきたりです。

神様にお祈りをすることで子供の平穏無事な成長をお祈りするのです。

 

しかし、近くの神社に宮司さんがいないなんてことも多いですよね?

実際にうちの近くの神社も格式は高いものの、宮司さんは不在でした。

お宮参りをした神社などの御祈祷をしてもらえる大きい神社へ行くというのも一つの方法です。

ですが、前者でも後者でもお参りに行くのはどちらでも構いません。

前者なら家族はゆっくりできますし、後者ならわざわざ七五三のためのご祈祷なども行ってもらえるでしょう。

 

あくまで、神社にお参りして子どもの成長を神様にお祈りすることが目的ですから宮司さんがいるかいないかはそんなに重要な事ではないのです。

 

千歳飴は何のためのもの?

chitoseame 画像

七五三といえば千歳飴ですよね!

正直私は千歳飴がなければ七五三が台無しになるくらいご機嫌斜めだったと思います(笑)

それくらい千歳飴が大好きで、今も七五三の子どもを見ると羨ましいですねー。

 

ところでなぜ七五三といえば千歳飴なのでしょうか?

起源の説は2つあり、どちらも江戸時代が始まりという点では共通しているようです。

 

1つ目は浅草で紅白の棒状の飴を「千年飴」、「長寿糖」という名前で売り出し、長い袋にいれて売り歩いたものが起源とする説です。確かに、名前的にも縁起がよさそうですし、こちらが起源といわれれば納得できそうですよね。

 

そして2つ目は大阪の飴職人が江戸にでて売り始めたというものです。こちらは1615年と年号がはっきりしているので、もしかしたらこっちかも⁉

 

いずれにせよ千歳飴は子供の長寿を願うために作られた飴であることは確かです。

粘り強く、細い棒状で紅白の色をした縁起のいいものなので七五三に用いられるようになりました。

 

また、子供の年齢の数と同じだけ入れるといいとされていますよ!

 

まとめ

753-2 画像

七五三はお子さんの成長のお祝いと同時に健康で長生きできるためのお祈りをするための大切な行事です。

お子さんはまだその意味を解っていないため、私のように嫌がる子もいるかもしれません。

けれども、私は今やってもらってよかったと心から思えています。

今の私があるのはこの七五三をやったお陰かもしれませんね。

 

今の時代は子どもの生存率も上がり、本来の意味の七五三ではないのかもしれません。

しかし、受け継がれてきた伝統がこれからも続くことを私は願っています。

少子高齢化が進む中、これからの子どもたちは苦労していく事になるでしょう。

だからこそ、神様にお願いして少しでも幸せであることをお願いしておきたいですね。