しばらく前のことだが、姪(17歳)に買い物に付き合って欲しいと懇願され、若者に人気のファッションブランド WEGO に行ってみた。

姪に何を買うのかと聞いて見たところ、「サロペットが欲しい。」「おっちゃん、センス良いから、選んでほしいんよ。」と返事が返ってきた。

おじさんとしては、女子高校生に「センスが良い」なんて言われたら、買い物に付き合ってやることを拒否する理由は無い。(こんなところが、馬鹿だなぁ、と思うのですが、全くもって馬鹿な限りである。)

オーバーオールって言わないの?

店内を見ていると、女子中高生ばかりである、たまに見かける大人は、ショップ店員か、娘と一緒に買い物にきた母親らしい女性ばかり、、、流石に女性がわんさかいるケーキ屋に平然と入り、可愛いケーキを買う勇気のある私でも、ちょっと気が引ける。

サロペット イラスト

姪っ子が、私を呼びに来た

姪:「おっちゃん、サロペットの色、どれが良い?」

私:「なんや、サロペットって、オーバーオールやん!」

姪:「え?なにそれ? これ、サロペットやろ?」

私:「やから、それ、オーバーオールやろ。」

姪:「オーバーオール? はじめて聞いた。 サロペットやもん。」

私:「ほら、笑福亭鶴瓶が、昔、もじゃもじゃアフロの頃、着とったヤツやん。」

姪:「そんなん知らん。 で、おっちゃんとしては、どれ? 」

オーバーオールが通じなかったことに衝撃を受たものの、姪がもってきたのは、白のジーンズ、濃い目のブルージーンズ、薄い目のブルージーンズ、の3種類、無難に着るなら、夏場であることを考え、白か薄い目のブルージーンズにした方が良いとアドバイスし、姪は、薄い目のブルージーンズをチョイスした。

姪が、残った色のサロペットを返却し戻ってきた時、「白もやっぱりいいなぁ。」と呟くので、8月生まれの姪の誕生日プレゼントに白も買ってやることにした。(これが、姪が私を呼んだ狙いなのかも?と考えたが、喜ぶなら良しとすることにした。)

帰り道、サロペットの話になった。

幼い頃、といっても、小学生の5年生くらいだったと思うが、オーバーオールが流行し、私も好んで着ていた。

そんな話を姪にすると、「おっちゃん、小さい時から、ファッションに目覚めてたんや、やからセンスいいねんな~。」なんて、姪が返してくる。

完全に姪に支配されている感が否めない。

で、姪の話では、「サロペット」という言葉は、雑誌にもあり、友達なんかとの会話も全て「サロペット」とのこと。

「オーバーオール」って初めて聞いたらしい。

ましてや2000年生まれの姪に、1970年代後半から80年代の笑福亭鶴瓶の話なんて通じるはずもない。

言葉を知らないと、恥ずかしい?

帰宅後、

私:「サロペットって、知っとる?」

妻:「ああ、オーバーオールのことやろ。」

私:「今時は、オーバーオールがサロペットになったんやな~」

妻:「あんた、恥ずかしいわ。サロペットはフランス語で、オーバーオールが英語なだけで、同じやで!」

嫁はフランスに留学経験もあり、フランス語はかなり堪能な方だ、もちろんそこそこ英語もできる。

私:「まじか~、今の時代は、ズボンがパンツに変わった様に、変わったと思った~」

妻:「あんた、ホンマに恥ずかしいわ、それこそ、ズボンがフランス語で、パンツが英語やで!」

私:「えっ、ええ~」

としか反応が出来なかった。

サロペット イラスト1

妻から、「今時の若い子らの言葉にいちいち反応せんでもいいの。

本質は同じやで、何も変わらんし、今は、ズボンやパンツもボトムスとか言うし、ファッションの流行にイメージ戦略もあるから、言い回しを変えてるだけでしょ」と追加された。

確かにそうである。 同じでは無いかも知れないが、ダイビングをする人は、「水中メガネ」を「マスク」と言い、ゲーマーは「ズル(すること)」を「チート」と言う、本質は何も変わらない。

私たちは、普段、いろんな単語、言い回しで、相手とコミュニケーションを取るのだが、言葉とりわけ単語の本質は変わらないわけである。

簡単なことを難しく言ったり、専門用語を使えば、それらしく聞こえたりするのであるが、本質は単純な事って良くある気がする。

言葉を使う一人の人間として、本質を見失わないようにしないといけないと改めて思った。