気づけば部屋に物が多くなってしまった、洋服がどれもこれも捨てられない30代独身女性って世の中に多いと思うのです。

私も、実家にいるときは、「これもう使わないだろ」っていうものとかすごくたくさんあってなかなか片付けられなかったのです。

しかし、一人暮らしをするというきっかけが出来たとたん、色々なものを捨て、『いるもの』『いらないもの』の仕分けができ、一人暮らしを始めてからも、部屋をきれいに保っている状態です。

なぜ、片付けられないの?

お部屋の状態は、心の状態と関係しているのです。

心理カウンセリングなどにいくと「部屋が片付けられなくなった」というチェック項目もあるようです。

部屋が片付けられない人は、仕事でも、恋愛でも、人間関係でもさまざまなことに不安を抱えている可能性があります。

いざ張り切って「今日片づけをしよう」と思ってもあまりの散らかり具合に手に負えなくなってしまい、イライラしたり、やる気がなくなったり、途中で漫画本や懐かしいアルバムなど発見してしまいついつい作業が止まってしまい結局何も変わらず終わったなんてこともあるのではないのでしょうか。

性格上、ただの、めんどくさがりやなだけでだったり、散らかっていたほうが落ち着くという方なのかもしれません。それか、ただ単に毎日忙しくて片付ける暇がないとか…。

しかし、もしかしたら、あなたの心に病気が、潜んでいるのかもしれませんよ。
部屋 片付け 心理

もしかして病気かも!?

注意欠陥多動性障害(ADHD)という病気があります。

この病気は、集中力がすぐに途切れてしまうものです。例でいうと先ほどの掃除の途中で本やアルバムなどを見始めてしまうことなどです。大人になるにつれて改善されていくケースもありますが、最近は『大人のADHD』といわれテレビでもよく取り上げられていますよね。きっかけは様々で、身近な人の死だったり、精神的なストレスであったり。

それから、物が増えていくという面でもADHDの衝動性と関係があります。ついつい出先やネットショッピングなどで衝動買いをしてしまうことが多くあるそうです。

それからうつ病の方は、やる気がいつも起きなくて、部屋を散らかした状態でも気に留めません。

しっかりと回復をしたら、きっと部屋がきれいになると思います。

もう一つが、統合失調症という病気です。

この病気は現実か非現実かがわからなくなる病気だそうです。一日中部屋でボーっとしていて、何かをやり始めても続かないのです。

こういった病気が隠れているかもしれません。まずは一度お医者さんに行ってみるのも良いのではないでしょうか。
部屋 片付け 心理

まとめ

部屋を片付けられないのには様々な理由があると思います。

最近では、本屋さんにも『片付けの本』『整理整頓の本』が売られています。そういうので成功した方もいるそうですよ。

病気ではなく、部屋が片付かないなという方は、まず本を買ってみて試してみるのも良いかと思われます。

私は、というか私の家の人たちもですが、来客が来る予定があると部屋を綺麗にしたり、掃除機をかけたりする習慣があります。週末は、祖母が畑仕事のついでのお茶を飲みに来たりと、ある程度決まった日に来ることがわかっています。その他、来客の予定がない時は一切やりません。結構そういう方も多いのではないでしょうか。

と、言うことはですよ。

定期的に誰かを家やお部屋に呼べば綺麗に保てるのではないでしょうか。私は、一人暮らしを始めて、彼氏と週に2回ほどご飯を一緒に食べます。そのため、ワンルームしかないですが見える範囲は結構きれいになっていますよ。

今、部屋がなかなか片付かなくて悩んでいる30代の独身女性がいましたら、まずは、病院に一度行ってみるのも良いと思いますよ。一歩踏み出す勇気が大事です。