男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、5αリアクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロテストステロンという、より強力な物質に変化することにより発症します。
男性ホルモンは、男性なら誰でもあるものなので、基本的には、男性は全員薄毛予備軍であると言えます。
しかし、テストステロン自体が悪いのではなく、これがジヒドロテストステロンに変化することによって問題は生じるのです。
したがって、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを抑制することができれば、男性型脱毛症は抑えることができます。

現在、様々な育毛剤が出回っていますが、科学的に脱毛予防が確認されているのはフィナステリドという成分だけです。
これはプロペシアという商品名がついていますが、市販薬ではないため、病院で処方してもらうしかありません。
しかし、継続してしようした場合、ほとんどの人にその効果が表れることがわかっています。
フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンが、抜け毛を誘発するより強力なジヒドロテストステロンに変化するのを防ぐ作用があります。
したがって、根本から薄毛治療するためには、リアップよりもフィナステリドを使うべきでしょう。
フィナステリド自体には発毛効果はありませんが、使用者のほとんどが、抜け毛が止まるのと同時に発毛も実感しているという調査結果があります。
射精を我慢するとジヒドロテストステロンを抑制することができるという意見がありますが、科学的な根拠はありません。
いろいろ試してみるのはいいことですが、むやみやたらに迷信じみた行為に走らないほうがいいと思います。