亜鉛は髪に効果的だと言われています。

効果があったというような記事もいくつか見るけれど、「本当に効果があるのか気になる」といった方も多いのではないでしょうか。

亜鉛と髪の関係性について、医学生として複数の論文を調査してみました。

結論から言うと、亜鉛が育毛に効果があるということは実証されていません。

ただし、亜鉛不足による亜鉛欠乏症が原因の脱毛の場合、亜鉛を摂ることで原因をなくすことができるので髪が戻ってくる可能性が考えられています。

亜鉛が育毛に効果があるとする論文は見当たりませんでした。

また、国民健康・栄養研究所には「脱毛症には効果がないことが指摘されている」との記述もあります。

このことから考えて、亜鉛欠乏症の方以外では亜鉛は育毛には効果がないでしょう。

亜鉛欠乏症では脱毛をはじめ、下痢や味がわからなくなる味覚障害などといった症状を示します。

亜鉛欠乏症は亜鉛をしっかり食べることで改善します。

もしかしたら自分は亜鉛欠乏症なのかもしれない、と気になる方も多いでしょう。

簡単に自分が亜鉛欠乏かどうかわかるよう解説していきます。

まず、普通に食事を摂取している場合は亜鉛欠乏症になることはまずないでしょう。

日本人の食事摂取基準2015によると、亜鉛の必要量は男性では8mg/日、女性では6mg/日であるとされています。

そして、厚生労働省の平成25年の国民・栄養調査によると20歳以上で男性は平均8.9mg/日、女性は平均7.2mg/日摂取しています。

そのため、健康で普通の食事をとっている人では亜鉛不足ということにはめったになりません。

亜鉛欠乏症に掛かりやすい人の特徴は、無理なダイエットをしている人・インスタント食品のみなど偏った食生活を送っている人・糖尿病・慢性腎不全・肝不全のいずれかを患っている人・利尿薬を飲んでいる人です。