女性は男性よりも便秘に悩む方が多いと言われています。これは体の構造上やホルモンバランスによって、しょうがないことなのかもしれませんが、やはりこれが痔の原因となってしまったりしますので、できれば便秘とはおさらばしたいですよね。
便秘には、オリーブオイルが効果的なようですよ。知っていましたか?
若い女性にもヨーグルトにオリーブオイルを入れることをオススメしますが、今回は50代前半の女性に視点をあて書いていきます。

オリーブオイル効能とは?

まず、オリーブオイルを摂取すると体のどんな良いところがあるの?という疑問ですが、
そもそも、オリーブオイルというものはギリシャの時代から万能薬として用いられていたようですが、ここ最近になって日本でブームになったきっかけというのが、100歳を超える一人の長生きしてい現役医師の男性の方です。その方の毎日欠かさずオリーブオイルを摂取するという習慣から、健康効果のブームが広がったと言えます。

オリーブオイルの成分としては、スクラワン・ビタミンE・ビタミンA・ポリフェノール・葉緑素など健康効果を期待できる成分が沢山つまっています。

オリーブオイルは、アンチエイジング・美肌などの表面上に現れる効果は勿論のこと、体の内側にも良いことが沢山あります。オリーブオイル ヨーグルト 便秘

具体的にどのように良いのでしょうか。

オリーブオイルには悪玉コレステロールを減らす作用があると言われており、胃腸にも優しい作用があるようです。
食べたものの消化の手助けをしてくれて、胃腸への負担を和らげてくれる働きがあります。そのことが便秘の解消と言われています。

オリーブオイルに含まれる成分の中でも、オレイン酸といものの力が活躍し、便秘の解消であったり、胃を丈夫にしてくれたり、癌や心臓病の発症リスクを下げたり、コレステロール値を正常にしてくれたり、紫外線に強くなったり、血管の拡張作用があったり、中性脂肪をつきにくくしたりと良い効果が期待されているのです。

そんなオリーブオイルと、腸内環境を良好にする働きのあるヨーグルトを一緒に摂取することによってより一層効果があるのではないでしょうか。

50代となると、大腸がんがハイリスクとなってしまいますので腸内環境が悪くならないようにしていきたいですね。オリーブオイル ヨーグルト 便秘

オリーブオイルの入れすぎに注意!容量は守ろう

オリーブオイルは体に良いものと言われていますが、容量をきちんと守らないことによって、メリットがデメリットに変わってしまう恐れがあるので注意しましょう。

一日の摂取量は大さじ2杯程度までが良いとされています。
(約220キロカロリー)

そもそもオリーブオイルは『油』なため、摂取のしすぎは高カロリーなので胃の不調や肥満に繋がります。

また、ダイエットにも効果があると言われていますが、摂取のしすぎでダイエット失敗とならないように注意です。
オリーブオイルを食する場合は、化学処理のされていないエクストラバージンオイルを摂取するようにしてください。

毎朝の食事でヨーグルトを食べたり、飲むヨーグルトを飲んでいる方は多いのではないでしょうか。

ヨーグルトには善玉菌を増やす効果、オリーブオイルには善玉菌を増えやすい環境を作る働きがあるといわれています。

私の母親は、毎日朝食でヨーグルトを食べているおかげなのか、便秘になったことはあまりないと言っていました。
ヨーグルトの力だけでもすごいですが、そんな朝のヨーグルトにオリーブオイルを入れることによって、さらなる効果がでたら嬉しいですよね。オリーブオイル ヨーグルト 便秘

最後に

何事も習慣づけることが大事です。
これからヨーグルト+オリーブオイルを試してみようという方は、毎日決まった時間に続けてみてください。

どんなに体に良いものとされていても、容量や使用方法を間違えてしまうと、大変なことになってしまいますので気を付けてくださいね。