あなただけがなぜ薄毛になってしまったのかについて確かめる手段は、医療機関を利用して遺伝子検査を行うもしくは、外出せずとも検査可能な遺伝子キットを用いて確かめるかの2パターンあげられます。

けれども、髪の毛が少ない理由の90%といったものはAGA(男性型脱毛症)が要因と言えますから、手間ヒマかけてチェックすることは必要ないとも考えられます。

最新の薄毛解決手段としては、ミノキシジルとフィナステリドを併用した薄毛ケアが注目されています。

ミノキシジルの毛が生えてくる効果と、フィナステリドの脱毛軽減の効き目を用いてケアするメソッドです。

薄毛が発症してたての人についてはフィナステリドだけだとしても薄毛を直せるケースがあります為に、とにかくフィナステリドを使って薄毛ケアを実行して行くのが万人の知るところです。

フィナステリドをメイン素材とする製品の中でダントツに主流のなのがプロペシアなのです。

プロペシア(アメリカ版)1mg

脱毛が増加してきてどうにかしたいとお考えの人は、まずはプロペシアを3ヶ月から6ヵ月服薬してみてコンディションを見ます。

副作用については稀なことなのですが、性欲減退や勃起障害を引き起こすかも知れません。

けれども、AGAが理由でありながら、プロペシアが効かない人が見られます。

この理由はどうしてなのかという状態も理解できているのです。

AGA(男性型脱毛症)は、おおよそ分類して2つの種類考えられます。

毛乳頭に存在している脱毛酵素が引き起こすケースと 皮脂腺に存在する抜け毛酵素が影響している状況です。

この状態は、パッと見てはそう簡単にはわかりませんが、分かりやすく言うと毛乳頭が原因とされるケースだと、胸毛であるとか髭などを含んだ体毛全体が濃ゆいヒトとなっています。

皮脂腺が要因になり代わっている際には、脂漏性、要するに素肌から残存している皮脂が分泌がなされて毛穴を詰まらせている場合ということです。

プロペシアが効かない人につきましては、メインとして皮脂腺が原因になってしまう人になるのです。

どうして、皮脂腺が主因となっている人というものはプロペシアが効かないのかと説明すれば、簡単にプロペシアの効能と合っていないからだと言えます。

だとしたら、プロペシアが効かない人はあきらめる他ないのかと聞かれるとそんなことはありません。

プロペシアを半年を上回って摂取したとしても抜毛がストップしない人は、デュタステリドを用いれば脱毛が低減されることがほとんどです。

デュタステリドは皮脂腺のせいで薄毛になっている状況でも、脱毛酵素をダウンさせてくれる働きが存在しています。

さらに、プロペシアのだいたい3倍の効果が見られます。

したがって、本当のところはAGAの治療に対してはプロペシアで大丈夫ですが、プロペシアの効果が感じられない時にはデュタステリドを導入してみた方が賢明でしょう。

デュタス(デュタステリド)