就職活動や転職活動で一番困るのは自己分析だという方は多いと思います。

自分のいいところを相手にアピールするということは、自分を良く知っていなければできません。

ESや面接で嘘をついてしまえば、入社した後に困るのは自分です。

そうならないためにも自分らしさを前面にアピールしていきたいものです。

 

そこで、今回は自己分析をどうやってするべきなのかを解説していきたいと思います。

もちろん、自己流のやり方でも構いません。

ですが、記事を読むことで新たな視点が見えてくるかもしれませんよ?

 

自己分析はなぜ必要なのか?

就活

自己分析は自分自身のやりたいこと、目的とすることの軸を決めるために行います。

「○○がやりたい!」これがあっても、自己分析を進めると自分の性格や考え方とあっていないなどということは珍しくありません。

自分に合った仕事につかなければ、後々苦労することはわかりきっています。

そこで、自分自身の傾向とやりたいことの軸を合わせるためにも自己分析はやらなければならないのです。

 

志望動機を聞かれたときに「御社の○○に惹かれたためです。」と答えてもその理由を答えることが出来ますか?

つまり、面接のときに何を聞かれても問題ないように対策するという目的が自己分析にはあるのです。

 

自己分析のやり方とは?

自己分析には様々なやり方があります。

本やネットに書いてあることが必ずしも正しいとは言えません。

自分なりのやり方で自分を理解するためにぴったりな方法を見付けましょう!

 

 

自己分析方法 その1

ステップその1 長所と短所を箇条書きにする

ESや履歴書にも長所や短所を書き出す項目があります。

その対策のためにも、自分の長所と短所をきちんと理解しておかなければなりません。

ポイントとしては文章ではなく、単語で書くということです。

そして、箇条書きにした後にその理由と具体的なエピソードを書き出してみましょう。

 

自己分析のステップその2 自分が企業に求めるものを箇条書きにしてみる

自分が入社した後にどのような事をしたいのか。

自分はどんな会社に勤めたいのか。

そのような理想を箇条書きにしていきましょう。

例えば、社会貢献であったり、給料が良いであったり…それもあなたが企業に求める条件の一つです。

 

その後、あなたが第1志望にしている企業を見ていきましょう。

その企業のその職種はあなたの理想の条件に当てはまっていますか?

当てはまっていないのであれば、志望理由を聞かれてもぴったりとかみ合うはずがありません。

これがESや面接で落とされるポイントとなってしまう可能性もあります。

 

自己分析のステップその3 箇条書きした上記の紙を見比べてみよう

長所と短所は現実のあなたを表しています。

企業に求めるものはあなたの理想です。

それら2つを上手く照らし合わせていき、理想と現実を近づけていきましょう。

 

あなたはその理想にどのような点で貢献できるのか。

理想のためにどのような事を頑張っていくのか。

そういったところまで突き詰めていきましょう。

 

自己分析方法 その2

過去の自分のエピソードを振り返っていこう!

あなたが生まれてから今まで様々な試練があり、それを乗り越えた経験が誰しも1度はあるでしょう。

どんな経験をしたでしょうか?

何故それがあなたにとって重要な出来事なのでしょう?

それを乗り越えるためにあなたはどのような努力をしましたか?

具体的に数字に表すことが出来ますか?

 

そのようにひたすら突き詰めていきましょう。

突っ込んで聞かれても問題のないくらいに完璧に仕上げるためにはどうすればいいのか。

 

それは、友人に協力してもらうことです!

友人に過去の頑張ったエピソードについての自己PRを聞いてもらいましょう。

そして、友人にひたすら疑問点を突っ込んでもらいましょう。

「もうやめて!」と思うくらい深堀してもらうことが大切です。

はじめは苦労するかもしれませんが、そのうち慣れてきて聞かれる前にその話をすることが出来るようになるでしょう。

なるべく多くの人に聞いてもらうことが大切ですよ。

 

まとめ

就活

企業側にとってあなたは数多く応募してくる人間の1人です。

その数多くの中から企業の目に留まり、採用されるということは中々難しいものです。

第1志望の企業に行ける学生はほんの一握りでしょう。

 

実際、採用する側も面接時間という限られた時間の中で相手のことを完璧に理解するのは不可能です。

更に、1日に何人も面接予定があるのであれば、記憶に残るかも怪しいところでしょう。

そんな中で企業側が知りたいポイントは以下の3つです。

  1. 採用予定者の人柄
  2. 志望理由
  3. 入社後にどのような活躍をしてくれるか

 

上記についてあなたはしっかりと相手に伝わるような準備をしていかなければなりません。

具体的なエピソードがあればなおいいでしょう。

 

ここで勘違いするべきではないというポイントは特別じゃなくてもいいということです。

同じ年代にもすごいことを成し遂げている人は数多く存在します。

しかし、だからといって企業がその人を求めているかは別問題なのです。

大切なのはその会社の考え方とあなたの考え方の波長が合うかどうかなのです。

そのためにも自己分析だけではなく企業研究も怠ることのないようにしましょうね!