大学3年生の方はすでにインターンシップや企業訪問を行っている時期だと思います。

そのときに自分の身だしなみについて気を付けていますか?

特に女性はメイク一つで相手に与える印象が大きく変わります。

 

まだ本格的に就活が始まっていないからと言って髪色が明るかったり、ネイルを落としていかないなどの行為はマイナスです。

企業によってはインターンシップから採用する学生に目をつけているところも数多くあるのです。そこで印象を悪くするといざ就活本番になった時に真っ先に落とされますよ。

 

そんなことにならないために、就活のためのメイクのやり方を初心者向けにアドバイスをしていきたいと思います。

就活の時に初めてメイクに挑戦するという学生はぜひこれを参考にしてみてください。

就活メイクに必要な道具はこれだ!揃える道具とその選び方とは?

化粧道具 画像

メイク初心者にはそもそもお化粧にどれだけのものが必要なのかわからないという方が多いと思います。そこで、メイクアップに必要な道具をピックアップするので手元にないものは買い足しましょう。

 

<メイクアップに必要な道具>

  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • ルースパウダー
  • アイライナー
  • アイブロウペンシル
  • アイシャドウ
  • マスカラ
  • チーク
  • リップライナー
  • 口紅
  • ビューラー

 

一度のメイクにこれだけのものが必要になります。初心者の方は驚かれたのではないでしょうか。

では、次にこれらの選び方について解説していきたいと思います。

ベースメイクの選び方

メイク道具の中でとくに重要なのはベースメイクと呼ばれる下地、ファンデーション、パウダーの3つです。これらは肌色に合うものでかつ一日つけていても化粧崩れしにくいものを選ぶ必要があります。

学生でお金がないといえどもこれに関してはお高めのものをデパートの店員さんと相談して選びましょう。場所によっては試供品がもらえることがあるので、それを試してから購入するのもいいでしょう。

 

特に重要なのは下地です。春先から紫外線が強くなるので肌荒れしないためにも紫外線対策をされているものを購入することをオススメします。

よくオールインワン下地といったものが売られていますが、個人的にはあまりオススメしません。ベースメイクは個別に自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また、いいルースパウダーを選ぶのにはコツがあります。それは粒子の細かさです。粒子が細かいほど肌のきめを細やかに見せてくれるので、そういった部分にこだわりのあるパウダーを購入しましょう。

カラーメイクの選び方

カラーメイク 画像

カラーメイクに関してはあなたの髪色に合わせるのが基本です。

特にアイブロウに関してはあなたの髪色とあうものをきちんと鏡を見て購入しましょう。たとえ黒髪であっても黒いアイブロウでは眉毛が目立ち過ぎてしまいます。黒髪の方にオススメなのはこげ茶か濃いグレーです。初心者はペンシルタイプかパウダータイプを購入すれば失敗せずに済みますよ。

 

また、アイライナーに関してもリキッドタイプよりもペンシルタイプをオススメします。就活の時は濃くなりすぎないように際にだけ入れればいいのですが、初心者にはハードルが高いです。しかし、ペンシルタイプならば失敗してもぼかしてアイシャドウでごまかせば問題ありません。ただし、汗や脂で滲みやすいものもあるのできちんと確認して買いましょう。個人的にはウォータープルーフよりもお湯で落とせるタイプがオススメです。

 

マスカラに関してはなくてもいいくらいです。しかし、まつ毛が下に向いていると暗く見えるのでビューラーで上げた後にうっすら塗ることで印象を明るくさせるのに使います。こちらもウォータープルーフよりもお湯で落とすタイプが個人的にはオススメですね。

 

そしてアイメイクの印象を決めると言っても過言ではないのがアイシャドウです。これはカラーの選択を誤ると大変なことになります。就活生が一般的に使うのは茶色ベースのものかピンクベースのものが多いのではないでしょうか。しかし、ピンクは人によってははれぼったく見えるのでできれば茶色系で揃えましょう。また、ラメの入り方もあまりキラキラしているものは避けるのが無難です。

 

チークは購入に関しては特に注意事項はありません。あなたの肌に合った自然な色のものを購入しましょう。

 

そして最後に口紅です。就職活動の時に唇がテカテカするのは印象が良くないので、グロスはNGです。また、口紅を塗る前にリップライナーで唇の周りを囲むとはみ出したりする心配がありません。色に関してですが、ピンク系は可愛らしく、オレンジ系は元気な印象を与えます。ナチュラルにしたいのであればベージュというのもアリでしょう。

 

 

カラーメイクに関してもネットなどで気軽に購入したりせず、きちんとお店で色を合わせることをオススメします。薬局などでもアドバイザーさんが常駐しているところがあるので、相談してみるのもいいかもしれません。

就活メイクのコツとは?ナチュラルメイクで印象アップ♪

就活生

就活メイクはいかにナチュラルに印象良く見せるかです!

まずは先ほど購入のときにポイントを押さえたベースメイクが出来るかどうかです。

 

  • ベースメイクのやり方
  1. 化粧下地を顔全体に塗ります
  2. ファンデーションをスポンジで顔全体に塗ります

※この時にクマなどがあった場合はコンシーラーで隠しましょう

  1. 最後にパフでパウダーを全体にはたきます

 

以上がベースメイクの手順です。ここまでは初心者でも簡単に出来ると思います。

ただ、もしファンデーションをリキッドにした場合、ムラにならないよう気を付けてくださいね。

 

  • 眉毛をナチュラルに仕上げるポイント

就活の時には凛々しい印象のほうが好印象です。そのため、眉山を目の外側から三分の一のところに作ります。

書き方は下記の動画を参考にしてください。

  • アイメイクのポイント

次は大抵の方はアイシャドウをされると思いますが、私はアイラインを先に入れます。ペンシルタイプはアイシャドウでぼかせば失敗してもごまかせるからです。

アイシャドウは細めにいれることを意識しましょう。

もし失敗したら濃い色のファンデーション(できればこげ茶)でぼかしましょう。その後に薄い色のアイシャドウを瞼全体に塗りましょう。一重の人はアイチップで少し濃いアイシャドウをこすってグラデーションをつくります。するとより自然な目元に仕上がりますよ!

 

そして最後にビューラーでまつ毛を上げて軽くマスカラを塗りましょう。もし、マスカラが瞼についてしまったときにはすぐに綿棒で落とせばとれるので焦らないように!

 

  • チークの塗り方のポイント

チークを塗らないと顔全体がのっぺりとした印象になってしまいます。

そのため、チークは軽くのせる程度で良いのでつけましょう。

ピンク系は頬骨のあたりに丸く塗るのがオススメです。

また、オレンジ系はその頬骨の下に斜めに入れるようにするのが良いでしょう。

あまり濃く塗り過ぎると顔全体のメイクが濃い印象になってしまうので、塗り過ぎた場合は上からパウダータイプのファンデーションかルースパウダーを塗るなりして調節しましょう。

 

  • 口紅のポイント

口紅のポイントは何といってもリップライナーを使うことです。

事前にきちんと唇を囲っておくことではみ出しも防げます。使った場合とそうでない場合では印象が全然違うので、お金に余裕があれば必ずリップライナーまで揃えましょう。

色をきちんと合わせなければならないので、口紅とリップライナーは同じブランドのものを使うことをオススメします。

とにかくあまり艶を出し過ぎないということに気を付けてください。

 

上記のポイントを押さえれば就活用のナチュラルメイクが出来ること間違いなし!一つ一つコツを抑えて就活までに完璧に出来るようになりましょう。

まとめ

初心者でも簡単にできる方法とはいえメイクはやはり慣れが重要です。

特に朝早くに出ていく事も増えますから、時間がない中でいかにうまくメイクできるかはあなたの練習次第です。

今からでもいいので道具を一通りそろえて毎日メイクの練習をしましょう。

特に大学の1限がある日なんかは時間も限られているでしょうし、本番同様の条件でメイクの練習が出来るでしょう。

 

社会に出たらメイクは身だしなみとして当たり前に行わなければいけなくなります。

今のうちに練習しておいて損はありません。

私は大学に入ってすぐにメイクをはじめました。それがきっかけでおしゃれにも目覚めて周囲の印象もアップしていいことずくめでしたよ。

今まですっぴんで大学に行っていた初心者さんはこれを機会に是非ともメイクに挑戦してみましょう。周囲のあなたを見る目が変わる事間違いありませんよ!