食生活の見直し、飲酒に喫煙、更にストレスや寝不足。
薄毛に関する原因追求は、どこかキリがなく、悩みが解消される為の絶対的な解明は現代の医学をもってしても、今だハッキリしないのかもしれません。
現代の発毛薬とされるフィナステリドデュタステリドを服用したり、フィナステリドと同等の働きと効果をもたらすと言われているソーパルメットサプリメント
薄毛で本当にお悩みの方なら言うまでもなく、とっくに試されているはずですが、それでもなかなか効果は感じない現状もあると思うのです。

射精と薄毛の関係性は?亜鉛には育毛効果はあるの?

禿げる人は絶倫という俗説は相変わらず後を絶ちませんが、この俗説で言う射精と薄毛の関係性を結ぶキーワードに亜鉛という成分が隠れている気がします。
亜鉛は年齢を重ねていくほどに減少をしていきます。
そしてこの成分は丈夫な髪の毛を生成するのに必要不可欠です。
ですので意識的に摂取していかなければ髪の毛の成長が衰えていくのは、ある意味当然なのです。

亜鉛不足が薄毛の原因と言われる理由とは?

更に、薄毛の進行の早さに焦点を当てた時、俗説の意味が何となく見えてきます。
亜鉛は射精するだけでなく、性行為的な妄想をしただけでも大量に消耗されると言われています。
ですので射精回数が多ければ多いほど、亜鉛は確実に不足していくのです。
育毛対策を考えた時、髪の毛の成長の為に積極的に摂取したいところなのですが、亜鉛は、どちらかというとアルギニン成分などと似ていて精力的作用に働くように思うので、余計に元気が出てきてしまうという循環に陥る気がするのことも確かです。
もちろん、人それぞれ効果は違うものですが。

結論、亜鉛は育毛対策には必要なのです。
サプリメントもいいですし、牡蠣は亜鉛を含む量が特にダントツの食材でセックスミネラルとも言われます。
忙しい毎日の中でも、亜鉛を摂るよう意識してみてもいいかもしれません。

>>最強の亜鉛サプリはコチラ<<