現在AGAに効果的だと言われている薬だと、プロペシアなどが有名ですがなかなか副作用のことなどもあって手を出していいものなのかわからないといった悩みもよく聞きます。かといって薄毛の人にとっては少しでもこの悩みが解消されるのであれば、そうした薬をすぐにでも試してみたいと思うのが心情です。

[su_heading]DHTとは?フィナステリドの効果[/su_heading]
DHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結びつくことで生成されるものなのだそうですが、フィナステリドという薬によってこの還元酵素を阻害することで、テストステロンとの結合を抑制し、DHTの生成を減らすことができるのだと言われています。もともとこのフィナステリドは前立腺肥大に関する薬として開発されたのだそうですが、これが脱毛症を抑制する治療薬にもなることが発見され、AGAの処方箋として使用されるようになったのだそうです。

[su_heading]フィナステリドの副作用[/su_heading]
ですが、それならばなぜ世の薄毛で悩む男たちがこの薬を使っていないのかと言われれば答えはその副作用にあることが一つの原因だと言えるのではないでしょうか?

割合としては1%から5%未満で性欲の減退がみられ、重大な副作用はないとは言われていながらも肝機能障害を引き起こす可能性も明記されているとのことです。

他にも頻度は不明ながらも、精子減少、うつ病、めまいや発疹などの副作用があると言われています。

[su_heading]プロペシアとミノキシジルの効果[/su_heading]
プロペシアは脱毛の抑制と発毛に効果があり、もう一つ発毛などに効果があると言われている薬がリアップなどに含まれているミノキシジルです。

しかし、問題はその生えた髪の毛をどう育毛するのかが大事な問題でもありますので、それにはやはりAGAの原因の一つと言われている過度なストレスとなる生活を改める必要性があるのではないかと私は思います。

ですのでもしAGAでお悩みなら、まずは禁煙、禁酒から始めてみるといいのかもしれません。