ノコギリヤシに発毛効果はあるのか?ノコギリヤシに関しては、発毛というよりは、前立腺肥大を抑える効果があるのではということで注目を集めてきましたが、その効果が完全に実証されているわけではないので、民間療法の域を出ないのが現実です。しかし、男性型脱毛症が、睾丸や前立腺で作られる男性ホルモンに起因していることはわかっているので、これから研究が進み、前立腺への効果が実証されれば、発毛剤としての応用も考えられるかもしれません。
[su_heading]フィナステリドの発毛効果[/su_heading]
フィナステリドも、元々は前立腺肥大の薬として開発されたものです。
しかし、それを患者に投与していたところ、多くの患者に頭部の発毛が見られたので、薄毛治療にも使われるようになったのです。
男性型脱毛症は、男性ホルモンであるテストステロンが、活性酵素の働きにより、より強力なジヒドロテストステロンに変化することによって起こります。
フィナステリドは、この活性酵素を阻害することによって、脱毛を食い止めるのです。
ここで押さえておきたいのは、あくまでも脱毛を食い止めるのであって、発毛成分が含まれているわけではないということです。
脱毛因子を阻害することによって、結果的に髪が生えてきたということでしょう。
[su_heading]ノコギリヤシとフィナステリドの関係[/su_heading]
現在、日本で薄毛治療に科学的に効果があると認められている成分は、ミノキシジルとフィナステリドだけです。
ノコギリヤシもフィナステリドと同様に、前立腺に効果を及ぼすのではないかと言われていますが、上記した通り、まだその科学的な効果は研究段階です。
確実なのはやはりフィナステリドでしょう。
下手な民間療法よりは、よっぽど効果がありますし、効かないものにお金をかけ続けるよりは、長い目で見て経済的にも優しいと思います。