秋が近くなりと、、、「梨狩り」「ぶどう狩り」「いもほり」なんて看板が目に入ることがあります。
今回、初めて「ぶどう狩り」に行ってきました。 出かけた先で、昼食をとったあと、ドライブしていたら、たまたま「ぶどう狩り」の看板が目に入りました。
興味本位で行ってみると、ぶどうの直売をやっている他、敷地内でバーベキューをやっている学生さんなどが目に入りました。(有料のバーベキュー場が併設されてました。)
時期が早かった為、デラウエアとハニービーナスだけしかなかったのですが、、、(ぶどう棚の半分は巨峰だったのですが、、、巨峰は明後日からの収穫だったんです。。。(´;ω;`))

大人840円(巨峰の時期だと、、、少し高くなります1050円だったかな?)

やっと少しづつ涼しくなって来ました!さぁ、何を狩ろう?

採りたてのぶどうは、最高に美味しかったです。園内で食べるのは、料金に含まれるので、ここぞとばかり食べまくる。。。と言っても、空腹では無かったので、多少食べたら、もう満腹。 次回は、空腹時に来るべし!
幼い頃に、「みかん狩り」や「いもほり」は、両親に連れて行ってもらった記憶があり、「いちご狩り」は、甥っ子が幼い頃、誘われて行ったっけ。。。 そんな昔を思い出しながら、休日の午後を過ごしました。

そういえば、、、ぶどうって。。。
ぶどうは、ワインの原料であることは良く知られていますが、ワインを作るのは、比較的簡単だそうです。
採ったぶどうを適度に荒い、実を皮ごと潰していきます。 それをペットボトルなどの容器にいれて発酵させれば、出来上がるそうです。
ワインは、基本的には、ぶどうを発酵させただけの飲物なので、ブドウに含まれる糖が酵母菌によってアルコールと二酸化炭素に分解され、ワインとなるのです。 今回、そんなチャレンジも考えたのですが、確か...勝手にお酒を作るのは、酒税法なんかに引っかかるのでは? なんて考えて断念いたしました。。。。(´∀`*)

ぶどう 1

ぶどうは、古来欧州では、高級な果物であり、庶民が口にすることはできなかった、と聞いてます。どれくらいの価値かはわかりませんが、「金貨1枚でぶどうひと房」だったと何かで読んだと思います。 (多分、中世の物語か何かだと、、、思い出せません。。。(´;ω;`))

すでにスーパー等には、巨峰が並んでいますが、デラウエアとハニービーナスも負けないほど美味しかった。
できれば、今シーズン、再チャレンジ!したい。 「食欲の秋」とは良く言ったもので、これから果物も美味しくなるし、松茸なんかも出回る季節。
それに、「梨狩り」も!、「栗拾い」もあるな。。。「いもほり」もしたいが、長靴なんかを用意しないと畑に入れないから、準備がいるな、、、なんて。。。(´▽`)

これからが秋の行楽シーズン!
休日に車でお出かけの際には、皆様も楽しんではいかがでしょうか? (*´∀`*)