まだ、間に合う!
流行の前に予防接種を!

9月初頭に今シーズンのインフルエンザが確認されたとのことでしたが、先月の末時点で病院に行った際には、まだ、予防接種の案内はありませんでした。今日、定期通院の折、受付のカウンターの前には、インフルエンザの予防接種の案内がありましたので、直ぐに申出て、問診票を記入し、診察の折に予防接種を行いました。

先生の話を聞いたところ、今年のインフルエンザは、良くあるタイプだとの事ですが、やはり、予防が重要で、流行前1ヶ月前までの間に、予防接種を行っておくことが肝要とのことです。

 

今シーズンのインフルエンザは、何型でしょうか?

国立感染症研究所のホームページを確認

2017~2018年 今シーズンのインフルエンザウイルスの型は・・・・・・

A シンガポール型
A 香港型

※A型の特徴
一般的に風邪の症状とされる、発熱・喉の痛み・鼻づまり が症状として出るため、自分では、「単なる風邪」と思っていても発熱時に高熱でしたら、インフルエンザに感染していることを疑う必要があります。また、高熱に弱いお子様、高齢者の場合は、呼吸器系の合併症を併発する恐れもある為、早めに病院で診察を受けた方が良いでしょうね。

 

B プーケット型
B テキサス型

※B型の特徴
B型インフルエンザウイルスは、予防接種次第で、感染が大きく広がらないのが特徴の様です。 症状としては、腹痛や下痢など、消化器系の症状が出やすいそうです。比較的症状が軽いとも言われますが、消化器系の症状が出ると体力の減退を招き、風邪のダメージからの回復が長引く傾向があるそうなので、規則正しい生活を心がける必要があるようです。

インフルエンザ 予防接種

 

 

 

一番怖いのは、A型のインフルエンザ!

A型のインフルエンザは、動物や人の感染で、変化し進化するウィルスだそうで、巷に聞く、。「豚インフルエンザ」「鳥インフルエンザ」は、A型のウィルスが進化したものだそうです。新たなA型の種類が出ることで、ワクチンを作るのが後手に回りがちになってしまい、結果的に大流行を引き起こす可能性があります。ですので、流行のインフルエンザ型が特定されたとされた時点で、ワクチンの製造を行いますので、早めに予防接種をしておくことが肝要となるわけです。

今日、病院を受診した際にも、まだ出だしばかりなので、今からならまだ流行には間に合う可能性が高い旨の説明がありました。 日本列島は、台風の接近で、先週より秋の長雨に見舞われていますが、湿度が高いことで、流行の速度に遅延が発生している様だととのこと。

空気が乾燥し始めると、インフルエンザウイルスの感染力も高くなるそうで、個人差がありますが、予防接種で注射されたワクチンが抗体を作り、完全に予防疫となるまでに、2週間から4週間程度はかかるそうなので、早めのワクチン接種をおススメ致します。

 

 

「うがい」のやりすぎには注意!

風邪やインフルエンザの予防手段として、「手洗い」と「うがい」が推奨されますが、手洗いは、基本的には、「手洗い」は、手の甲、手首、指と指の間、爪部分をしっかりと石鹸で洗うことをお勧め致します。

「手洗い」は、特に注意する必要があるのは、公共の建物や乗り物を利用したあとですが、神経質になりすぎるのも良くありません。自宅に戻ったり、オフィスに戻り入室する前に、一度、手洗いを済ませておくだけでも感染予防につながります。できれば、アルコール系の消毒液を常備しておく方が良いと思います。

 

「うがい」は、喉の粘膜についたインフルエンザウィルスが体内に侵入するのを防ぐことを目的にしているのですが、うがい」を必要以上にやりすぎると、喉にある粘膜まで洗い流してしまい、結果的に空気感染するウィルスの体内への侵入を容易くしてしまうことがあります。「うがい」のやりすぎには注意することと、外出の際にはマスクを着用し、喉を保護した方が効果があると思います。

インフルエンザ 予防接種

 

 

 

 

ご高齢の方(65歳以上)なら、予防接種料金が割安になります。

私の通う医院でも貼り紙がしてありましたが、ご高齢の方や特定の疾患をお持ちの方には、自治体より助成金が出るようで、安く予防接種が受けれるとのことです。ただし、自治体が主体ですので、地域によって多少差異があるようですので、確認は必要です。

本日の私の予防接種の費用は、3500円でしたが、私の住んでいる地域の65歳以上の高齢者や60歳以上で特定の疾患をお持ちの方等は、1500円とのことでしたので、確認してご家族様などの予防接種を促してはいかかでしょうか。

今日、私が受診の為、待合室にいると、ご家族全員で予防接種に来ている方々がいました。体熱を計り、問診票もあらかじめ自宅で書いて来ていた様で、スムーズに予防接種の受診を済ませていたようです。

 

予防接種をしたから、インフルエンザにかからないとは言えませんが、備えあれば、憂いなしです。

インフルエンザ 予防接種

 

 

 

 

インフルエンザにかかったかな?と思ったら・・・

高い発熱で風邪の症状が出た場合は、会社や学校に行くのは、病院で診察を受けてから判断しましょう。

以前、私が勤務していた会社では、インフルエンザが支店内で大流行し、支店機能が麻痺しかけた事がありました。 一人の社員が有給休暇を消化しつくしていた事を理由に出勤し、一気に社内感染した事が理由です。 その社員が発熱しているのに出勤した日が金曜日だったのですが、月曜日・火曜日と社員がインフルエンザで休みだし、事務所の5分の3近くの人が休んでしまう自体に陥りました。

以後、インフルエンザの流行時期には、高い発熱があったり、体調が優れない場合は、病院にいくことを優先させ、疑わしい場合は出勤を拒否することとなりました。

 

インフルエンザの流行時期には、会社や学校もですが、公共交通機関の利用も控える必要があると思います。もちろんマスクを着けるのは最低限のエチケットではないでしょうか。。。

 

インフルエンザ 予防接種