現代の医学では、薄毛は改善するのです!と巷で言われています。
その一つにフィナステリドの存在が大きくあると思われます。

フィナステリドは本来、前立腺肥大治療薬としてこの世に誕生し、臨床試験の際、副作用報告に体毛の増加があったことから、世界で認められる初のAGA専門治療薬となりました。
AGAの一番の要因と有名であるジヒドロテストステロン。
いわゆる抜け毛促進型男性ホルモンは男性が誰でも持つテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素により変換されることで、簡単に言うと髪の成長細胞で悪さを始めるわけなのです。
それにより抜け毛が促進していき、髪の生成を徹底的に阻害します。

この5αリダクターゼという還元酵素には、Ⅰ型とⅡ型があるのですが、この片方の働きを抑制するのがフィナステリドの具体的な働きです。
更に、現在ではⅠ型・Ⅱ型の両方の働きを抑制する同じく前立腺肥大治療薬のデュタステリドも活躍をしています。
つまり、フィナステリドは一番の悪者であるジヒドロテストステロンを少しでも多く生み出さない為の薬と言えそうです。
それと、このフィナステリドと同じ働きをしてくれるサプリメントがノコギリヤシ(ソーパルメット)と言われています。

このサプリは主にオシッコの切れを良くする為や残尿感などの症状が強く表れる中高年男性向けに販売されていますこのようにノコギリヤシも、フィナステリドやデュタステリドと同じで前立腺肥大の為にあるように思いますが、ジヒドロテストステロンを生成させない為という目的が同じなのかもしれません。

ただ、サプリメントは確かに価格も安く、副作用もないので、ノコギリヤシが服用には一番良いのでは?と思うかもしれませんが、もしそれでいいのなら、わざわざフィナステリドは誕生しなくても良かったはずなのです。
ですので、確実なAGA治療をするならば、やはりフィナステリドを選択した方がいいのかもしれません。