もう11月ですね!

受験生は冬休みが明ければ入試は目前に迫っています。

そんな時だからこそ焦らなければいけないのに、まだ全然実感がわいていないという学生の方はいませんか?

勉強をやらなければならないのにやる気がなくて集中できない。

ただ無意味に長時間机にかじりついているだけで成績が上がらない。

つい他のことに興味を持っていかれて気づけば全く勉強できていない。

そんな状況の受験生には是非ともこの記事を読んでいただきたいと思います。

私も受験期に同じような状況に陥って苦労しました。

だからこそそれを乗り越えるための方法を今回は紹介していきたいと思います。

私が試したモチベーションを上げるための方法

受験生

受験生の一番の悩みはやはりモチベーションを保つことだと思います。

受験生といわれても長い期間勉強し続けるとやる気がなくなったり、どこかで成績が伸び悩み、挫折してしまうものです。

やる気を失った状態で勉強しても頭に入らず、結局成績が伸びないという悪循環。

それをどうにかするためのポイントは“周囲を巻き込むこと”です。

仲のいい友人と毎日勉強の進捗状況を伝えあいましょう。

学校にいる間に今日のノルマや目標を伝えあっておくとなおのこと良いと思います。

仲のいい友人が頑張っているのを実感することで自分もやらないといけないという気持ちにさせられます。

ここでのポイントは“毎日”報告し合うということです。

用事があって勉強があまりできなかった日でも正直に報告し合いましょう。

そうすることで焦りが出てくるはずです。

気持ちが受験モードに切り替わっていない人はこの方法だけで大分気持ちの面での改善が出来るでしょう。

 

自分が大学生になった後のヴィジョンを明確にしよう!

大学

これは大学受験の方向けのアドバイスですね。

オープンキャンパスや学祭期間でなくとも大学というものは自由に出入りできます。

だからこそキャンパスを実際に見に行ってみましょう。

その雰囲気を実感し、自分がそこで勉強する姿を明確にイメージしましょう。

この大学行くために自分は頑張っている。

この大学にいる人たちと同じ空間に自分が来年はいる。

そうしたことが当たり前と感じられるほどに毎日イメージトレーニングをしましょう。

いっそ大学そのものに恋をする気持ちを持つくらいに執着しちゃえば、やる気も自然に上がるというものです。

そのために大切なことは何といっても過去問を何度も解くことです。

大学ごとに傾向というものはあるものです。

慣れることで成績もアップします。

特にセンター試験は過去問を何度も解けば自然と成績が上がることは私も実証済みです。

12月時点で5割程度だった成績が1月には9割とれるレベルまで上がりました。

はじめは時間配分とコツをつかむのに戸惑って成績が上がらなかった科目だったので、やはり慣れる事が大切なのだと実感しました。

追い込み時期はやはり過去問を何度も解いておきましょう。

その際にきちんと当日と同じ条件で時間を計って解くことをお忘れなく!

やはり試験で大切なのは時間配分です。

得意な問題は早く解き、厄介そうな問題は飛ばして後から解くといったことが出来るようになれば問題になれてきたと言えるでしょう。

勿論やり方には個人差があるので自分の解きやすい方法を見つけるということが大切です。

 

前日の夜にスケジュールを明確にしておこう!

毎日の予定をきちんと立てておくということが大切です。

大雑把に何をするということを箇条書きにするのではなく、何時にこの科目を勉強するといったことを書いておきましょう。どの問題集を使って勉強して、勉強するページ数のノルマも明確に記述しておきましょう。

これをやるといかに普段自分が無駄な時間を過ごしていたのか実感させられます。

更に、ノルマが達成できないことで次の日に回されるのは自分にとってもマイナスにしかならないことに気付き、是が非でも当日中に終わらせるようになりますよ。

この時に注意することは無理のない計画を立てるということです。

特に睡眠時間は最低でも6時間は確保しましょう。

受験勉強に集中して学校の授業が眠くて聞けないというのでは本末転倒です。

授業は自習の何倍もの知識が身につく受験勉強です。

先生が話したことをすべて記憶する気持ちで授業に挑みましょう。

黒板に書いてあることに加えて先生の言ったことを出来る限りメモしようとする姿勢で授業に挑めば寝ている余裕なんてないはずですよ。

 

 

まとめ

合格祈願

受験生は今が正念場ですが、本来は高校入学時から頑張っていなければいけないというものです。

それを今の時期だけ頑張って成績をのばすというのは中々に骨が折れます。

しかし、今までやっていなかったからこそ伸びしろがあるともいえます。

正直今から頑張るだけでもかなり劇的に変化を遂げることが可能でしょう。

基礎からやらなければいけない人も中堅くらいまでなら狙うことが出来ると私は考えています。

全ては本人のやる気次第です。

やる気があれば人間どこまでも伸びしろがあると思うので、受験生には是非とも諦めずに頑張って志望校に合格してもらいたいです。

そして、苦しい思いをした先にある喜びを知ってもらいたいと思います。

社会に出れば努力は必ずしも報われるわけではなく、挫折も味わうことでしょう。

しかし、勉強という意味での努力は裏切りません。

努力した分だけ成績が上がりますし、テスト結果に反映されます。

あなたは勉強が嫌いですか?

私は勉強が嫌いだという人間はほとんどいないと思っています。

ただ、それをするのが面倒なだけなのです。

その面倒な作業はやる気になれば誰しもが出来るレベルの壁だということをきちんと理解しておきましょう。

 

私は学生時代に勉強をしてこなかったことを後悔してばかりです。

だからこそまだ間に合う学生の皆さんにはきちんと勉強をしてもらい、社会に出た時に後悔してほしくないのです。

特に就職の時には大学のレベルというものが大きく反映されます。

そこではじかれているという現実もあります。

だからこそ、まだ間に合う受験生には今から必死に努力をして目標を達成してもらいたいと考えて記事を書きました。

将来成功者になりたいのであれば、今の努力は必要不可欠なものですよ。

それを理解するだけでも、受験に挑む姿勢が変わるはずです。

この記事を読んだ受験生の皆さんが全員志望校に受かることをお祈りしています。