皆さんは、寒い冬をなるべく暖かく快適に過ごしたいと思われていることでしょう。

いろいろ種類のある暖房器具の中からどれを選べばいいでしょうか。

そんなあなたにお勧めの暖房器具は断然オイルヒーターです。

しかし、オイルヒーターって電気代が高いのでは?と思われている方も少なくないと思われます。

今回は、そんなオイルヒータとはどのよう暖房器具か、そしてその電気代などについて書きたいと思います。

オイルヒーターってどんな暖房器具?

オイルヒーターは、電気ヒーターを使ってヒーター内部にあるオイルを温めてそれをヒーター内で循環させて部屋を暖める暖房器具です。

そのように一度オイルを媒介にして部屋を暖めるためじんわりと優しい暖かさが特徴で、ヒーター本体が熱くなりすぎないため小さなお子さんが直接触ってもすぐにやけどしてまようなことはありません。

また、灯油を燃やしたりするわけでもありませんからにおいもありませんし、エアコンヒーターのように乾燥した空気が出てくることもありません。

ですからお部屋でも快適に過ごすことが可能です。

ただ、デメリットとしては一度オイルをある程度温めてからではないと部屋が暖まりませんので、部屋が暖まるまで少し時間が掛かるという点があげられるでしょう。

また、電気代がかかるというのが通説で、そこがデメリットとしてあげられることも多いのですが、では次にその暖房コストについて考えてみましょう。

オイルヒーター電気代

暖房コストはかなりかかる?

一般的に高いと言われるオイルヒーターの暖房コストですが、使い方に気をつければ実際には他の暖房器具に比べて驚くほど高いわけではありません。

オイルヒーターが一番電気を使用するのは、ヒーター立ち上げ時のオイルを温めるときですから、ONーOFFを繰り返すような使い方はよくありません。

オイルは一度温めると暖かさをしっかり保持しますので、室内にいる間はスイッチを付けたままにしておくのがオイルヒーターの場合一番の省エネ運転となります。

実際の電気代は10畳の部屋で使用した場合に1ヶ月で6,000円程度です。

同じ10畳の部屋でエアコンや、石油ストーブなどでも5,000円程度かかりますのでそんなに大きな違いはありませんね。(ただし、それぞれお部屋の密閉度や使い方、また製品によって異なってきます。)

空気も乾燥せず、一酸化炭素中毒などの心配もありませんから、適温に設定し寝ている間も付けておくことができ朝も快適に起きられます。

それほど大きなコストの違いはなくとても快適に暖かく過ごすことが可能ですので、今年の冬はご自宅にオイルヒーターを導入されてみるのはいかがでしょうか。