薄毛の要因は実に様々であり、考えて簡単に答えが出るほど単純なものではありません。ストレスや食生活の乱れ、飲酒や喫煙。これらに焦点を当てるのも間違いではないように思いますが、薄毛とは、結局のところ遺伝体質がそのほとんどを占めるとも言われています。仮に、自分の父親や祖父が薄毛でないから、「自分は薄毛にはならない」と絶対的に言える訳ではなく、隔世遺伝により「薄毛になりやすい体質」を受け継いでしまうという事実があるのです。前置きが長くなりましたが、そんな不運で望みもしない薄毛になってしまったら、それを改善したいのであれば、育毛対策は避けては通れません。現在、育毛治療で最もメジャーな方法が、飲む育毛剤プロペシアと飲む発毛剤ミノキシジルタブレットの併用服用と言われています。

プロペシアとミノキシジル効果

プロペシアは本来、前立腺肥大治療薬であり、抜け毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きをします。ミノキシジルタブレットは本来、血圧を低下させる為の血管拡張剤であり、服用による育毛への具体的な役割としては、血管を広げ血液を頭皮の細かい血管隅々まで送り届けることで栄養を行き渡らせる発毛効果を促すとされています。プロペシアだけでは発毛効果に乏しく、ミノキシジルだけでは抜け毛を止める事はできません。その為に併用するのが一番良いとされているのです。

プロペシア・ミノキシジル併用の副作用

副作用としては、「精力減退、肥満、肝機能障害、動機、むくみ」などが挙げられていますが、個人差があります。医者との相談は必要不可欠であり自己判断での服用は避けた方がいいようにも思います。

育毛剤・発毛剤ジェネリック

育毛対策の際、心配の一つに費用があります。これらの薬の価格は、処方されるクリニックによって微妙に違ってきます。最近では、飲む育毛剤プロペシア(フィナステリド)・アボルブ(デュタステリド)、飲む発毛剤ミノキシジルタブレットに関しては、正規版と『ジェネリック版』の2種類がありますので、ジェネリック版を選べば、薬の効能は同じでも価格が安いので経済的にも助かるように思われます。育毛治療は、すぐには結果が出ない為、長期的に行うことは已むを得ませんが、サプリメントでなければ健康食品でもなく、薬を服用するわけですので、もし体に異変が出たら迷わず使用を中止することをおススメします。