薄毛に悩んで積極的になれないという方は大勢いらっしゃると思います。

そして、育毛をしたいと考えるでしょう。

育毛をしたいと考えている方には特に知っていてもらいたい、DHTジヒドロテストステロン)という物質を知っているでしょうか。

ジヒドロテストステロンは育毛を阻害する?

ジヒドロテストステロンは、育毛と深い関係があり、育毛を阻害する働きがあります。

つまり育毛の敵というわけです。

育毛をするためには、ジヒドロテストステロンの働きを抑制することが効果的です。

それでは、ジヒドロテストステロンの働きを抑制するためにはどうすればよいのでしょうか。

ジヒドロテストステロンの働きを抑制する食べ物

有効なのがジヒドロテストステロンの働きを抑制する亜鉛や大豆イソフラボンを多く摂取することです。

亜鉛が多く含まれている食材は、納豆やエビ、チーズなどです。

大豆イソフラボンは、豆腐などの大豆食品に含まれています。

とりわけ、納豆は亜鉛と大豆イソフラボンを含んでいるのでおすすめの食材です。

とはいえ、納豆が苦手な方もいるでしょうから、苦手な方は、チーズや豆腐などでカバーしましょう。

ジヒドロテストステロンの働きを強めてしまう要因は?

逆にジヒドロテストステロンの働きを強めてしまう要因として、ストレスや飲酒、喫煙があります。

育毛をするときは、亜鉛や大豆イソフラボンを摂ることと同時にストレスを溜めないようにしたり、飲酒と喫煙を控えた方がよいでしょう。

これら以外にジヒドロテストステロンを抑制する方法として、ノコギリヤシのサプリメントが挙げられます。

いずれの方法にしても、育毛をするためには、ジヒドロテストステロンの働きを抑制しなくてはなりません。

育毛を成功させるための鍵は、ジヒドロテストステロンが握っているのです。