携帯電話がスマートフォンに置き換わり、基本スペックの向上を果たした事で表現できる事も増えました。

それに伴って明確に進化したのがRPGやアクションゲームといったジャンルです。
ガラケー時代に配信されていたゲームはドラクエやFFの旧作の移植作、新規であってもドット絵のものが中心だった記憶があります。

スマートフォンが主流になってから、アクションゲームやRPGも表現可能なデザインが増え、力の入った作品が次々とリリースされているわけですが、今回はその中からキャラバンストーリーズというRPGを紹介します。

キャラバンストーリーズってどんなゲーム?


キャラバンストーリーはAimingという会社によって制作されたRPGで、シンプルな操作性と力の入ったグラフィックが魅力です。
BGMもファンタジーの世界にあった雰囲気の物が多く、プレイしていて引き込まれる物があります。

ゲームには時間の概念が存在していて、ゲーム内の時間を通して朝昼夜を繰り返していく珍しいシステムで、時間によって出現するモンスターや村・町の雰囲気が変わったりします。
基本となる世界観は完全に剣と魔法の世界にキャラバンという機械仕掛けの乗り物が実はジャンルこそRPGとなっていますが、実際はMMOであり、一定のストーリーを進める事でマルチプレイが解放され、ゲームとしては本番になります。

ゲームではストーリーが用意されているので、MMOが苦手という人にもソロプレイで楽しめる仕様となっているので安心です。


ゲームの世界はフル3DCGで表現されていて、幻想的な風景が広がっており、ゲーム内で時間の概念がある事から同じ風景でも違った雰囲気を楽しめます。


移動は左下に見える四角形の疑似コントローラーで行うスタイルと、タップした地点まで移動するスタイルを組み合わせています。
画面に触れる事で視点や拡大縮小も出来るので、力の入ったグラフィックを楽しめます。

尚、クエスト発生中はAUTOをタップする事で目的地まで自動で移動してくれます。

また、右下のメニューはゲーム開始後すぐに拡張されますが、ダンジョンであろうがイベント中であろうがMENUからいつでもゲームを終了する事が可能です。

登場キャラクターは種族で変わる


現在選択可能なのはヒューマン,ドワーフ,オーク,エルフの4種族で、それぞれ異なるストーリーが展開します。
ちなみにプレイヤーキャラにオークが存在するのはキャラバンストーリーズとリネージュ2くらいしか知りませんが、肌の色が緑という共通点しかないですね。

今後追加される予定の種族としてゲッシーやリザードマンがありますが、どんな種族なのか気になる所です。

後々違う種族でのプレイも可能になるので、とりあえず好きな種族、見た目が好みの種族で選んでも問題はありません。

戦闘


戦闘はシンボルエンカウント制を採用していて、フィールドに存在しているシンボルをタッチする事で戦闘に移り、オートで進行していきます。
オートという事でプレイヤーが操作する余地は少なく、スキルを使用する際スキルのアイコンをタッチして発動したり、EXITという戦闘から逃亡するコマンドをタッチするくらいで、文字通り難しい操作が一切存在しません。

戦闘に勝利する事でお金や経験値、アイテムを獲得可能というRPGの基本の様なシステムになっているので、戦闘システム自体はとっつきやすいです。

モンスターが仲間になる


戦闘に勝利すると倒したビースト(モンスター)がどこかで見たフレーズと共に仲間になります。
仲間になるモンスターの種類は豊富で、序盤に加入するビーストでも育てればそれなりの戦力になります。

見た目可愛い物から画像のクモの様な誰得な物、ストーリーを進めると明らかに仲間になるのはおかしいような物まで幅広く存在します。

ただ倒せば良いという物ではなく、キャラバンのレベルがいくつ以上必要とか、パーティのBPがいくつ以上必要といった様に最低限仲間にするのに必要な条件が存在します。

その基準は☆の数に拠る為、キャラクターのレベルだけでなくキャラバンのレベルを上げる事も重要になります。

独自のハウジングシステム「キャラバン」


タイトルにもついている「キャラバン」という名称ですが、これはゲーム内で登場するハウジング機能を持った乗り物の事を指します。

噛み砕いていえば戦闘機能を持ったキャンピングカーといった感じですが、フィールドを走り回ったり空を飛んだり比較的やりたい放題ですが、乗ったままフィールドを移動は出来ません。

フィールド移動中に乗って操縦という事は出来ませんが、武装を追加したり、世界地図に新しい機能を追加、倉庫等様々な機能があります。

見た目も愛嬌があって結構好きですね。
前述の通りビーストの捕獲条件にも関わってくるので、キャラクターだけでなくキャラバンも大事に育てたいですね。

ちなみに、武装を追加、と書いた通り、戦闘中に主砲・副砲等で支援してくれます。

キャラバンストーリーズは面白い?評価は?


キャラバンストーリーズはRPGとしてはシンプルな作品と言えます。

力の入ったグラフィックや自分たちのキャラバンに様々なものを付けて強化するのは楽しいです。
ガチャ要素はあるにはありますが、無くてもプレイには支障がないので、のんびり楽しむ分にはかなり高い評価です。

但し、いくつかの問題も存在します。

発熱量が尋常じゃない

今回のテストプレイでiPhone8を利用しましたが、最高画質でプレイをしたところスマホが熱くなってしまい、端末の寿命が縮む事を実感しました。

逆に最低画質にすると文字が読みにくい問題もあり、その中間の画質でプレイする事になりますが、であれば最初から最高画質の設定は不要とも言えそうです。
いや、中画質でも十分熱いんですけどね、端末が。

当然端末の寿命が縮む事を承知で最高画質にするのは個人の勝手ではありますが、基本無料ゲームの為に10万近い端末の寿命を縮めるのはどうかと考えてしまいます。

 

戦略の幅がほぼない

RPGなのに、セミオートかオートでしか戦闘が出来ないという点、また使用可能なアクティブスキルが一つしかないので戦略の幅がものすごく狭いです。
この辺りは手動とオートで切り替えるシステムが欲しいというのが正直なところです。

スマホゲームという前提になるので操作性の限界ではあると思いますが、戦闘中に出来る事をもう少し増やしてほしいというのが感想です。

でもクソゲーというわけではない


RPGでありながら戦闘に問題があるのはかなりの痛手ではありますが、決してクソゲーではなく、普通にプレイする分には十分な出来でもあります。

この辺りはスマホゲーでは、という前提になってしまいますが、スマホの小さい画面でプレイするという事を考えるのであれば複雑な操作はかえって邪魔になってしまうので、今後のアップデートである程度仕様を調整する事で化ける事は十分あり得ると思います。