最近、テレビのCMで、インターネット経由で申し込む自動車保険の案内をよく見かけると思いますが、実際に通常の自動車保険よりもインターネット型の自動車保険の方がかなり保険料を抑えることができます。私自身、募集人資格を持って自動車保険の算定に関わってきたのですが、通常、大手の自動車保険を扱う損保会社での保険料の算定の基準をおこなった場合に、「こんなに差があるの?」と思うくらいの金額の差がありました。

自動車保険を選ぶ際のポイントについて、解説したいと思います。ご参考にして頂ければ幸いに思います。

car insurance 2

 

 

自動車保険は大きく3つの利用の用途に分かれます。

 

① 「日常・レジャー」

自動車を主に普段遣いとレジャー等の際に、家族と出かけたりするのに使うのに使用する際の申告する利用用途です。 勤務中などは、自宅や自宅近くの車庫に自動車を保管し、仕事へは、徒歩や電車通勤、バス通勤等を利用する方はこれに当たります。また、普段使いとして、買い物に自動車を使う程度もこれに該当します。

 

② 「通勤・通学」

基本的に、仕事や学校に向かうのに自動車を利用するならば、「通勤・通学」利用となります。その頻度が、「日常・レジャー」仕様と大きく違うのは、自動車通勤や自動車通学を基本として、自動車を利用しているか否かであって、例えば、公共交通機関に不都合が生じて、一定期間だけ自動車で通勤・通学を行わざるを得ない場合などは、② 「通勤・通学」には、当てはまらないので、日常的に「通勤・通学」での利用することが前提の用途ということになります。

 

③ 「業務用」

通常の業務の用途として、自動車を仕事で使う場合が、「業務用」に該当します。分かりやすい例えだと、自宅を事務所として、保険の代理店等を営んでいる場合に、お客様先や依頼者宅を訪問するのに自動車を業務利用として使う場合などが「業務用」となるわけです。 名義が法人名義であれば、当然、「業務用」になるわけですが、個人名義であっても用途が、仕事上で使う為の自動車であれば、該当してしまうのです。マイカーを仕事で、日常的に使うとこれに該当します。

 

 

以上の③つが、主な自動車の用途(利用区分)になります。

それぞれに自動車の用途の違いがあって、当然、保険料も変わってきます。簡単に言えば、自動車利用の機会、走行距離等が多くなる③「業務用」の保険料が高く、仕事の無い休日のレジャーや買い物だけに使う①であれば、保険料も安くなる設定です。ところが最近では、通学・通勤に自動車を利用しているにも関わらず、保険料を抑えるために意図的に② 「通勤・通学」では無く、① 「日常・レジャー」での利用であると虚偽の申し込みを行なう事例が増えてきている様です。そんな場合に、通勤や通学中に事故にあった場合、十分な保険対応にならないこともありますので、実情に合わせた申告をしておくことが肝要です。

car insurance 5

 

 

 

 

 

インターネッ自動車保険と普通(代理店利用)の自動車保険の違いは?

算定してびっくり! 一番の違いは保険料

私は、以前、軽乗用車に乗っていたのですが、某王手損保代理店を通じて、車両保険込みでの保険料の算定をお願いしました。保険等級は14等級まで上がっており通常よりも保険料が「安い」と見込んでいたのですが、算定の結果は、年間「12万円強」、車両保険を付加しているとはいえ、軽自動車で月々10000円以上の自動車保険料の負担になるのは驚きました。私なりに、免責条件に自己負担分を追加(事故の際の免責負担額を0円から50000円にするなどの変更)してもらうなどの工夫をしましたが、算定結果を大きく変えることが出来ませんでした。

しかし、大手のインターネット申込の自動車保険で、同条件の算定を行なった時には、車両保険を込みで、年間「7万円円弱」だったのです。これには本当に驚きでした。保険内容に大きな差はないばかりか、アフターケアに至るまで、某王手損保代理店のものと差はありません。

 

電話での対応にも問題はありません。 

軽自動車を乗っている時に、大手のインターネット申込の自動車保険に加入し、その後、自動車を普通乗用車に乗り換える事となりました。 軽自動車を売却する際に、自動車保険を購入予定の普通自動車に切り替える旨で、インターネット申込の自動車保険の会社にフリーダイヤルで連絡したのですが、約3週間、自動車が無い期間があることを説明し、保険の等級が引き継げる様な手続きを取ることとなりました。この手続きが「中断」という手続きになり、「中断証明」を損保会社より発行してもらうこととなります。

「中断証明」は、損害保険会社が変わっても保険の等級を引き継げる方法なので、今回の様に、自動車を乗り換えたり、一旦手放してから、再度購入を考える際に自動車保険の等級が良かったら、「中断証明」を損保会社に求めた方が良いと思います。

car insurance 4

 

 

 

その他の割引やサービス

自動車保険においては、三ヶ月前までを目処に早めの更新手続きを行うと、保険料に「早割」と言うのが設定される会社が多く、その制度を利用した方が「お得」になります。割引として、5000円から10000円程度が保険料の割引額となりますので、更新は早めの方が良いと思います。

また、住所を別とするご家族への紹介でも割引を受けられてりします。実際、私も弟に自動車保険の相談を受け、紹介したところ、3000円の保険料割引のサービスを受けました。

 

自動車保険は、安いならどこでも良いと言うことではありません。

もしもの時に、あなた自身やあなたの家族、あなたの生活を守る「お守り」でもあります。

自動車は、使い方によっては、人を殺してしまう可能性も十分にあります。実際に事故にあった時は必ずあなたを守ってくれますので、必ず加入することをオススメします。

 

 

是非、参考になさって下さい。