会社でお客様がいらしたときにお茶をお出しすることがありますよね。

特にそういった役目は女性や新入社員が担うことが多いのですが、場合によっては営業本人がやることになることもあります。

その時に正しくお茶をお出しできている自信がありますか?

 

正しいお茶出しの順番は?

お盆は持ったまま?それとも一度おいてからの方がいいの?

 

そんな疑問を感じている方も多いと思います。

そこで、今更聞けないお茶出しのマナーを紹介したいと思います。

 

普段やらない人こそいざというときに知らないと恥をかいてしまいますよ!

正しいお茶の淹れ方とは?

これは会社にきちんと急須が置いてあるところの場合ですね。

場所によってはペットボトルのお茶を注ぐだけなんてところやティーバッグというところもあるのではないでしょうか。

もしくは、コーヒーや紅茶というところもあると思いますが、今回は緑茶の淹れ方を紹介します。

 

  1. 湯呑にお湯を少し多めに入れて温めておく
  2. 急須に茶葉を入れる(1人当たり3g)
  3. お湯(70~80℃)を注ぎ、1分ほど蒸らす
  4. 湯呑の湯を捨て、色が均等になるように交互に注いでいく(目安は湯呑の7分目)
  5. お盆に乗せるときには湯呑と茶托は別々に(茶托は重ねる)

 

 

正しいお茶出しの順番は?

基本的に入り口から一番遠い席が上座となり、そこから順番にお茶を出していきます。

はじめに来客、次に自社の順番に出していくのがマナーです。

全て自社の人間の場合は以下の図を参考にしてください。

メジャーなタイプのものをいくつか抜粋してみました。

タイプ1

このタイプは来客の真ん中に座っている人が一番偉い人です。お茶の順番もその人から出すようにしましょう。

ただし、スペースが狭い場合は手前から回してもらう等臨機応変な対応をしましょう。

特に後ろから回れない場合はそうするほかないので「申し訳ありませんが、お茶を回していただけませんか?」とお声掛けしましょう。来客の方で失礼にあたると考えるかもしれませんが、おろおろして立ったままでいるよりもよっぽど印象が良いですよ。

タイプ2

これはソファーになっている場合ですね。この時に迷うのも2の方にお茶をお出しする時でしょう。

その場合も3の方に回すように頼むようにしましょう。また、3も右から出すのは難しいので「左から失礼します。」と言ってお茶をお出ししましょう。

もしくはソファー側が来客の場合は4と5の方から「前から失礼いたします。」とお声掛けして出すということも出来ると思います。この場合どれが正解とかはありません。想定外の事態には迅速に臨機応変に対応が基本です。ときどき自社の方が気を聞かせてお茶を回してくれるととてもありがたいですよね。もし、接客する立場の方がこの記事を読んでいるのであれば、ぜひお茶出しの方に気を配ってあげてくださいね。

 

タイプ3

正直私はこのタイプが一番苦手ですね。特に議長にお茶をお出しするときは未だに手が震えるほど緊張します。会議の空気の真剣さも相まって入っていくにも勇気がいる場所なのでお茶出ししたくなくなりますね(笑)

しかし、ほとんどの場合座席の間が広いので、基本的なマナー通り右から「失礼します。」とお声掛けしてお茶をお出ししていけばOKです!

問題は4以降の順番ですね。これは意外と勘違いしていた方も多いのではありませんか?奥から交互にお出しするので移動が大変ですが、マナーなのできちんと守ってくださいね!

正しいお茶の出し方とは?

こちらはコーヒーや紅茶なども共通する部分があるので、覚えておくと便利です。

  1. まずサイドテーブルにお盆を置きましょう。
  2. もし、サイドテーブルが無い場合はテーブルの端においてください。
  3. お盆の上で茶托の上に湯呑を乗せます
  4. お客様の後ろに回りましょう。
  5. お客様の右側から「どうぞ」とお声掛けしてお茶をお出しします

お客様がお話し中の場合は目礼のみで問題ありません。

湯呑に絵柄がある時にはお客様に柄が見えるようにお出ししましょう。

 

熱いお茶がこぼれては大変なので、間違ってもお盆を持ったままお出しすることはやめましょう。

また、冷たい飲み物だとコースターであることも多いですよね?

その場合はコースターとグラスを別々に持ち、初めにコースターを置いてからグラスを乗せましょう。

 

 

こんな時にどうしたらいいの?想定外の事態!

あくまで基本的なマナーは把握していても想定外の事態というものはあるものです。

こんな時にどうしたらいいの⁉

そんな疑問を解決していきたいと思います。

 

スペースがなくてお茶がお出し出来ない!

その場合は「前から失礼します。」とお声掛けしてお茶をお出ししましょう。

無理やり狭いところに入るのは逆に迷惑になります。

また、お客様が並んでいて右から出せないときには「左から失礼します。」とお声掛けしてお茶をお出ししてください。

 

また、大人数で間に入れない場合も同様です。

その場合は自社の方が気を聞かせてお茶を回してくれることが多いので厚意に甘えましょう。

 

狭いスペースに無理やり入り込んでお茶をひっくり返してしまえばマナーも何もあったものではありませんよね?

そんな時にはマナーに捕らわれずに臨機応変に対応するのが基本です。

 

 

まとめ

これ以外にも細かいマナーはいくつもあります。

しかし、これさえ押さえておけばある程度のことは対応できるでしょう。

 

本文には書いていませんが、ドアから入る時には空いている方の手でノックしてから「失礼します。」とお声掛けするのを忘れないようにしましょうね!

また、テーブルに置くスペースがない場合は「お茶をお持ちいたしましたが、お出ししてもよろしいですか?」と確認すれば大抵スペースをあけてくれます。

 

そういった想定外の事態にも対応できるようになって初めて一人前になれます。

たかがお茶出しといって侮るべからず!

本当に仕事が出来る人というものは取引先の社員のマナーまでみているものです。

もしかしたらあなたの一挙一動が会社の評価を下げることに繋がりかねませんよ。

 

だからこそ正しいマナーを身に着けていざというときに対応できるようにしておきましょうね!