家は一生に一度の買い物と言われるほど大きな買い物ですよね。

だからこそ妥協はせず、慎重に住宅メーカーや工務店を選ばなければなりません。

 

しかし、以前住宅メーカーで働かせていただいたことがある経験から言わせていただくと、多くの人が知名度で決めてしまいがちです。

せっかく住宅展示場に多くの家があるのに、初めから決め打ちして他は見向きもしません。

でもそれってすごくもったいないことなんです!

 

私の経験から言うと大手ほどノルマが厳しく、営業お客様の人生よりも自分の成績を重視しがちな傾向にあります。

 

今回は家を建てるときにほとんど行くであろう住宅展示場で見るべきポイントと悪い営業の特徴を紹介したいと思います。

住宅展示場にはいくべき?

はっきり言って住宅展示場ほどハウスメーカーや工務店のことがわかる場所はありません。絶対に行くべきです。

 

また、初めから目的を決めていかずにすべて見て回るくらいの気持ちでいく事が大切です。少なくとも5社以上は検討しないと必ず後から後悔することになりますよ。

むしろ行く予定のなかった企業ほど予想外にいいサービスを展開していることがあります。

 

時間がないのはわかりますが、じっくり2、3回に分けて展示場に足を運びましょう。住宅展示場によっては子供を預かってくれる施設があることもあります。イベントなんかも開催されたりするので、その機会を狙っていくと子供さんも退屈せずに過ごせると思いますよ。

住宅展示場で見るべきポイントとは?

 

はっきり言って外から見てわかる情報はほとんどありません。住宅に関してもデザインなんかは営業を通して話し合いながら決めていくものだからです。

 

全部回る気持ちで展示場内を歩いてみましょう。

場所によっては入場者へのプレゼントを配布しているところもあります。最近では子供向けの配布物を多数用意しているモデルハウスが多いようです。子どもさんがいるのであれば、そういったところに入るのがオススメです。子どもむけのおもちゃがあるということは、家も子どもとの同居が想定されているということです。たとえそこの企業で建てる気がなくても間取りは大きな参考になります。是非とも見学しましょう。

 

ただし!注意すべきはその時の営業の態度です。

長々と足止めさせてひたすら売り込みをしてくる営業は売上のことしか考えていないので、注意しましょう。

良い営業というのはお客様の都合に合わせて住宅内を見学させてくれる人です。始めから売り込みをせず、自社の住宅の特徴や良さを丁寧に説明してくれるというのも特徴の一つです。

また、聞いてもいないのに他社の悪い部分を説明する営業というのも良くありません。構造の違いで他社との違いを説明するのはともかく「○○さんは高いから行かない方がいい」というようなことをいう営業は絶対にやめましょう。

 

また、一度モデルハウスを見学しただけでしつこい営業をしてくるところは絶対にやめましょう。そういったところはノルマが厳しく、お客様との契約を成立させることしか考えていません。こちらの事情よりも契約優先なのです。いくら大手でも正直そんな企業体質のところと契約して家を建てるのは不安に感じませんか?そういった営業はノルマのためにこちらの都合を無視して高いものを契約させようとすることすらあります。

 

営業とは家を建て終わるまでずっと付き合っていく事になります。だからこそどんな些細な相談にものってくれる安心できるパートナーとなる人がいるところと契約したいですよね!

だからこそ住宅展示場では家そのものよりも営業の良し悪しを見極めましょう。

 

 

キャンペーンはチャンス!気軽にモデルハウスを見学しよう

キャンペーンをしているモデルハウスは見学のチャンスです

キャンペーンの説明だけ聞きに行くということもできちゃいます。その時に家の契約を進めてくる企業はその時点で候補から切り捨てちゃって大丈夫です。用件だけ聞いてお客様の都合に合わせてくれるのが本当にいい営業です。

 

キャンペーンの内容は企業によって様々ですが、ほとんどは家が当たるといったものであると思います。しかし、大抵そのキャンペーンに書かれている値段以上のお金がかかります。あくまでキャンペーンに書かれている金額は家を建てる値段だけで内装工事や取り壊し、土地代などは一切含まれていません。しかし、普通に家を建てるよりは安く建つのは間違いありません。

キャンペーンについては書かれている内容は素人には解り辛いことが多いです。WEBから応募できるといっても気軽に出来るものではないでしょう。だからこそモデルハウスで実物をみて、その上でどんなキャンペーンかきちんと話を聞くことが大切です。

 

また、家が当たるキャンペーンはなかなか当たらないと思っている方がいるかもしれませんが、そんなことはありません。なぜなら、応募する母数が少ないのです。もちろん確実とは言えませんが、副賞の景品は当たる可能性も高いです。

 

だからこそキャンペーン期間はモデルハウス見学の絶好の機会なのです!

 

 

まとめ

家を建てるときにすでに決め打ちをしたり、大手しか見ないというのは愚策です。出来るだけ多くの家を見て、営業の話を聞きましょう。見るべきポイントは営業の人となりです。

 

営業成績のことしか考えていないところと契約してしまえば、必ず後悔します。本当の意味でお客様の都合に合わせた提案をしてくれるパートナーを探しましょう。住宅展示場に行く目的は住宅を選ぶためではなく、人生を任せられる営業さんに会いに行く事です。だからこそ、大手だから安心という考え方は危険ですよ!

 

現代の日本ではかつて日本を引っ張ってきたような大きな企業が数多く失脚していっています。大手企業だからと言って安心という考え方は間違いなのです。大切なのは何年先もその企業が成長し続け、頼れる存在であるかどうかです。

正直、同じ企業でも営業に当たり外れがあることは否定できません。どうしてもその企業で建てたいというこだわりがあるのなら別のモデルハウスを訪ねてみましょう。その時の営業も似たような感じであれば、それがその企業の体質でしょう。

 

一生に一度の買い物だからこそ後悔しない買い物にしましょう!建ててからこっちの方が良かったと思えるようなことが起こらないように、はじめから選択肢を狭めないようにしましょうね!