冬になると毎日洗顔をするのが辛くなってきますよね。

だからといって適当に洗っているとお肌のトラブルの原因になることも⁉

その上、間違ったやり方では顔を洗う意味すらなくなってしまいます。

毎日行うことだからこそ今一度正しい洗顔方法を見直してみませんか?

今回は正しい洗顔のやり方を説明していきたいと思います!!

なぜ洗顔をしなければいけないの?

スキンケア2

私たちが顔を洗うのは当たり前の行動なわけですが、その理由を考えたことはありますか?

もちろん、肌のべたつきや汚れを落とすためでもあります。

もっと言うのであれば、酸化した皮脂や汗や埃を取り除くためなんです!

 

皮膚が酸化するということはお肌の老化が進むということを表しています。

つまり、洗顔をしないとどんどん老け顔に⁉

 

そして、ほこりや汗はニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。

ニキビが1個出来るだけでも外に出たくなくなるほどテンション下がりますよね。

そんなことにならないためにも、毎日の洗顔は大事です!

しかし、洗いすぎるということも肌トラブルの原因になるというのはご存知でしたか?

だからこそ、正しい洗顔のやり方を今回は紹介していきたいと思います。

 

正しい洗顔料の選び方とは?

皆さんが洗顔をするときに当たり前のように洗顔料を使うと思います。

しかし、本当にそれは必要なものなのでしょうか?

実はそれが顔に必要な皮脂まで落としてしまう原因になってしまっているなんてこともあるんですよ。

そうならないためにも、どのような洗顔料を選ぶかが重要になってきます。

 

洗顔料には様々なものが存在しています。

しかし、大きく分けると「石けん成分」のものと「合成界面活性剤」を使ったものの2種類に分けることが出来ます。

一見前者の方が肌に優しく思われがちですが、市販のものの多くはアルカリ成分が強く、肌への負担が大きいとされています。

また、市販の石鹸にも添加物が入っているものも数多く存在しています。

そのため、「石けん成分」が必ずしもいいとは限らないのです。

 

大切なのは肌の汚れだけを落とし、きちんと潤いを残してくれるものであることです。

特に、ニキビ対策の洗顔を行っている人は皮脂をとりすぎている可能性が高いため、注意が必要です。

逆に皮脂をとりすぎてニキビを悪化させている可能性さえあります。

 

どうしても肌の毛穴汚れやくすみが気になる時にはピーリング洗顔料などをスペシャルケアとして月1程度に取り入れていく事が大切です。

 

正しい洗顔方法とは?

洗顔料

正しい洗顔を行うためには、やはりお肌の汚れだけを落として潤いはきちんと残しておくことです。

そのためにはゴシゴシ洗ったり、タオルでこすったりするのはNGです。

では、どのように洗うのが良いのでしょうか?

ポイントごとに抑えていきましょう!!

 

ポイント1 ぬるま湯で洗う!

洗顔をするときに冷たい水や熱いお湯で洗っている人はいませんか?

特に朝は冷たい水の方が目が覚めるといってやってしまいがち。

しかし、その行為はNGです!!

冷たい水は毛穴を縮めてしまい、汚れを落とし辛くしてしまう原因になっています。

そして逆に熱すぎるお湯は皮脂が落としやすくなる代わりに必要な皮脂まで落としてしまう原因に!

そうならないためにも、ぬるま湯で洗うということを心がけましょう。

また、洗顔料を付ける前に一度ぬるま湯で軽く顔を洗うのもポイントですよ!

 

ポイント2 適量の水で洗顔料を泡立てる!

洗顔料を泡立てるときにネットなどを利用している人はいませんか?

そうすると、少量の水でかなりモコモコの泡が出来上がります。

しかし、モコモコの泡も水分が少なすぎると肌の摩擦につながることがあるんです!!

そうなってしまうとお肌にダメージが…。

そのため、手で適量の水を使って洗顔料を泡立てる方法が適切といえるでしょう。

もし、ネットを使う場合でもきちんと適量の水を含ませることを意識してくださいね。

 

ポイント3 顔をゴシゴシこすらない!

せっかくモコモコの泡を作ったのに、それをこすりつけてしまっては全く意味がありません。

その泡を顔にのせるように優しく塗り広げていくような感じで顔を洗っていきましょう。

顔に触れるよりも泡に触れるといった力加減で顔全体を洗っていく事が大切です。

特に目元や口元は皮膚が薄いため、力を抜いて洗ってあげてくださいね!

そして、逆にTゾーンなどのべたつきやすいところは少し念入りに泡をのせて洗ってあげましょう。

 

ポイント4 短時間で洗顔は済ませる!

洗顔に5分以上かけている人はいませんか?

もちろん、お肌のマッサージなどの時間は含まれません。

しかし、洗顔だけの時間でそんなにかかっている人は必要な皮脂がごっそり落ちてしまっているかも⁉

洗顔に使う時間は長くとも1~1.5分くらいが目安です。

すすぐ時間は長めに取りたいので、洗う時間自体は30秒くらいが適当です。

長めの人は意識するようにしましょう!!

 

ポイント5 すすぐ回数を多くする!

洗顔が終わった後に泡が残っているなんて論外です!

そんなことが無いように最低でも20回はすすぐようにしましょう。

もちろん顔をこすることなく、優しく水をかけてあげるようにしましょうね。

顔のふちはとくに泡が残りやすいポイントなので、念入りにぬるま湯ですすぐようにしましょう。

これによって、汗や埃は完全に落ちるはずです。

 

ポイント6 タオルでゴシゴシこすらない!

せっかく優しく顔を洗ったのに、タオルでこすってしまっては台無しです。

むしろ、洗ったときにお肌が弱くなっている分、ダメージは甚大です。

ふんわりと優しく抑える感じで水分をとっていきましょう。

その時にも柔らかめのタオルを使いましょうね!

 

ポイント7 洗顔後の保湿は出来る限り早く!

洗顔後に化粧水や乳液を付けるまでに時間を置く人がいますが、それはNGです!

そうすることで肌の乾燥が悪化してしまいます。

それを防ぐためには洗顔後すぐに化粧水などの保湿を行いましょう!

なるべくなら20秒以内を目指してください。

スキンケア用品が染み込みやすいお肌の状態が出来ているので、通常以上に効果を発揮しますよ!

化粧水などもコットンにのせて優しく伸ばしていきましょう。

叩きつけるようにして塗る人もいますが、それもNGです!

 

 

まとめ

スキンケア

正しい洗顔方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?

もちろん、顔を洗う前に手を洗うことを忘れないようにしましょうね!

それ以外にも意外と知らないポイントが多かったのではないでしょうか?

無意識にやっている行為が、自分の顔の老化を進めているかも⁉

毎日行う行為だけに、間違ったやり方をすればするほどに悪化させていく…

 

この記事を読んだからには是非とも今日から実行していきましょう!!

若々しい肌は毎日の努力からです!

正しい洗顔方法で若々しい肌を手に入れましょう!!