プロペシアは、男性型脱毛症用薬として人気なものの一つです。
なぜ、プロペシアが男性型脱毛症用薬と明記されるのかというと、有効成分がフィナステリドだからです。
フィナステリドは、男性ホルモンの働きに作用すること、女性が手で触ることも禁忌であることから、男性型脱毛症用薬として用いられているのです。
ただし、男性型脱毛症用薬であるプロペシアは、成人になってからしか使えませんし、肝機能障害がある方は、服用に際して医師への相談が必要です。

海外医薬品の通販サイトを営むオオサカ堂でも、商品紹介のページでそうした内容を説明しています。
また、プロペシアの副作用として、肝機能障害や食欲不振の症状が現れるケースがあると、オオサカ堂のウェブサイトには明記されています。
オオサカ堂のプロペシア紹介ページには、成分も事細かに明記されていますので、気になる方はその副作用を調べてみると安心できるかもしれません。
それと、プロペシアに含まれているフィナステリドを服用中、あるいは服用中止後1カ月は献血はできません。
こうした有益な情報も、オオサカ堂のウェブサイトで確認できますので、まずは一通り目を通してみてください。
また、服用後に体調に変化があったら、すぐに病院を受診しましょう。