AGA治療をしたいんだけど、薬って、怪しくないの?大丈夫?不妊治療と一緒にAGA治療をしたいんだけど、成分が不安……。そんなお悩みや疑問をお持ちの方、非常によくわかります。

AGA治療に関しては、最近でこそよくマスメディアでも取り上げられるようになりましたが、まだまだ周知が進んでいないところも多々あると思います。
そこで、ここではそんな皆様の不安を少しでも取り除き、皆様が安心してAGA治療を受けられるように、少しだけではありますがAGA治療薬についての説明をしたいと思います。

AGA治療薬のプロペシアとかミノキシジルって?

現在、公式にAGAに対し効果があると認定されている薬は二種類存在します。

一つは、プロペシアなどの商品名で知られるフィナステリドという薬品(以下、フィナステリド=プロペシアとして話を進めていきます)もう一つが、リアップなどの商品名で知られるミノキシジルという薬品です。
簡単にそれぞれの作用機序について説明します。

まず、プロペシアについての説明ですが、プロペシアとは、5α-還元酵素阻害薬というカテゴリの薬となります。男性の体内では、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが精巣などから絶えず産生されています。このテストステロンというホルモンは、別に悪いホルモンではなくて、男性生殖器の発達などに不可欠なホルモンです。しかし、このテストステロンが体内で還元されて、ジヒドロテストステロンとなった際にその性質は一転し、抜け毛の原因となるのです。このテストステロン→ジヒドロテストステロンの還元過程を阻害して抜け毛を防ごうというのがプロペシアです。

一方のミノキシジルは、もともと高血圧の薬として開発された薬で、末梢にある毛細血管を拡張させることで血液の通り道を広くし、血圧を下げることを目的とされて開発されました。しかし、これが頭皮への血流もよくしたことで毛根が栄養されるようになり、結果AGAの治療に使われるようになった…、というのがミノキシジルです。

このように、二種類の薬は、お互いに全く違う作用機序でAGAと戦っているのです。

プロペシアとミノキシジル、併用しなきゃ効き目がない?

上述した通り、プロペシアとミノキシジルは全くと言っていいほど作用機序が異なるので、併用しなければ効き目がない、というわけではありません。ただ、ここで重要なのは、それぞれの得意分野が異なるということなのです。

プロペシアは、抜け毛を促進する物質の産生を食い止める薬であるため、AGAの進行を抑えることはできますが新たに毛を生やすことに特化しているわけではありません。

一方のミノキシジルは、発毛、育毛を促進はしますが、抜け毛の原因となる物質をどうこうしているわけではないので、発毛のスピードが抜け毛のスピードを上回る必要が出てきます。

どちらも一長一短というか、得意としている分野が違うので、併用しなくても効果は望めますが、併用した方が効果が得られるのは間違いないようです。

プロペシアとミノキシジルの副作用、価格は?

やっぱり薬ですから、それぞれの副作用と価格は気になるところです。

まず、副作用について説明します。

プロペシアの添付文書によると、勃起不全や性欲減退など、男性機能に関わる分野での副作用がごくまれにみられると書かれています。

しかし、これらの副作用はプラセボ(偽薬)でも発生することがあるようなので、そこまで深刻になるようなものではないというのが個人的な意見です。(これに関しては使用する人の考え方次第なので一概には言えませんが……)

しかし、妊活や不妊治療をしている人などは、一応生殖に関する薬であるので、使用を控える人も多いようです。この辺りは、素人が判断するのではなく、AGA治療の担当医や、不妊治療を担当する主治医の方とよく相談して服用する必要があります。

また、成長過程の男児や妊婦などに触れさせてしまうと、男児の生殖器系に深刻な障害が出る可能性が否めないので、そうした人たちと関わるときは絶対に触れさせたりしないよう注意してください。
次にミノキシジルの副作用について。

ミノキシジルは血管を拡張する薬ですから、どうしても心臓や肝臓に負担がかかってしまいます。

そのため、服用の際は、心電図に異常がないか、血液検査を行い、肝機能に問題がないかを調べるのがベターです。

また、日本で承認されているミノキシジルの服用法は頭部に塗布する方法のみですが、日本人の場合頭皮が柔らかいので、頭皮に炎症が起こってしまう可能性があります。薬局などでも購入はできますが、医師の指導のもと使用するのが無難だと思います。

また、費用に関してですが、プロペシアやミノキシジルは薬価未収載医薬品といって、基準となる薬価が決められていませんので、病院によってかなり価格が異なります。一般的に、プロペシアが¥8,000~¥10,000程度、ミノキシジルが¥5,000~¥8,000程度が相場のようです。
いかがでしたか?

プロペシアとミノキシジルについて、少しでも知っていただけたなら幸いです。

また、忘れないでいただきたいのは、AGA治療はれっきとした医療行為です。

基本的に、医師の指導のもとで行うべきものであり、素人の判断で行うものではないということを頭に入れておいてください。