ユダヤ式記憶術は受験生にとって非常に強い武器になる方法!?
\ 試験に合格するだけでなく、社会で活躍できる方法!!/
\長期的に忘れない方法!?/
記憶術 > お勧め情報
2021年4月11日

東大生の暗記テクニックによると、たくさんのことを暗記するときには

以下の2つが有効だと考えられます。

・「大元のイメージ」にあたる部分を探すこと
・「物事のつながり」を意識すること

ものごとを関連づけるということは、言い換えれば、
ものごとをよく理解するということです。

脳は理解していないことはうまく覚えられません。

丸暗記した公式や知識、意味のない文字や数字の羅列は、
覚えたつもりでもすぐに忘れてしまうでしょう。

ものごとを理解したときにだけ、脳はそれをしっかりと記憶するのです。

理解していないものは役に立ちません。
役に立たないことは記憶するだけむだです。

脳は合理的です。無意味なことに余分なエネルギーを使わないのです。』

理屈の無いことは短期間で必ず忘れます。

理屈があり、理解できたことは、長期間覚えている
ことができます。

ユダヤ式記憶術は、知識を関連づけし、理屈があり、
理解しながら記憶していく方法です。

巷の瞬間記憶術では、インプットや保持についてはよく語られるのですが、
“頭から取りだす(アウトプット、思い出す)”ことについては、ほとんど語られません。

記憶術に関して誇大に広告表現された商品に騙されてはいけません。

人生の大切な限られた時間を無駄にしないためにも長期間の記憶ができる、ユダヤ式記憶術を学んでみることをお勧めします。

\長期的に忘れない方法!?/
タイトルとURLをコピーしました