野菜が不足すると子供の体に影響が大きいとよく耳にしますね。野菜とは、一体何をする物質なのでしょうか。どれくらいを目安に食べるとどんな効果があり、子供の健康を損なわずに成長させていけるかが気になる所ですね。それを説明して行こうと思います。

野菜不足にならない1日摂取量や野菜不足に速効性を示す青汁の効果

まず、子供の成長に欠かせない野菜には、淡色野菜と緑黄色野菜があります。淡色野菜は白菜や胡瓜等の比較的カロリーや炭水化物量が少ない物、緑黄色野菜は南瓜やトマト、モロヘイヤ等のビタミンA含有量の高い物です。特に、緑黄色野菜ビタミンAの中に含まれる視界を良くする成分であるカロテン量が多い食品が多いので、子供の成長に必要な成分になります。
また、青汁にもアシタバやモロヘイヤが含有されている製品が多いので血液循環を整え、子供の未発達な臓器の消化や吸収を促してくれます。
次に、子供が野菜不足になると、60~70%と成人よりも体水分量が多いので、見かけ上痩せている健康的な体に見えます。
しかし、必要な水分が体から抜けているので血液成分が濃くなり、赤血球や白血球、ヘモグロビンA1cの濃度が高くなり、風邪を引きやすくなります。そこから、更に発祥すると自己免疫不全である1型糖尿病や食生活等から影響を受ける2型糖尿病、その他の疾患に移行する事もあるので、体水分が減り過ぎない内に野菜を食べなければいけません。
また、酷くなると、一時的に痛風のような状態になる場合もあります。足が痛くなり、座っていられなくなるのでわかりやすく野菜不足の目安です。
そして、野菜不足になるとイライラしたり、全身倦怠感が増して子供のやる気が無くなってきます。野菜に含まれるビタミンやミネラルは、体内の様々な臓器で行われるエネルギー産生や消費経路で補助する役割があり、不足すると必要な働きができなくなるので体調を崩したり、便秘になってしまいます。
最後に、便秘になると成長期に活躍するホルモンのバランスが崩れ、睡眠不足や吐き気を伴う症状が現れる事があります。
対処法として、野菜を1日350g以上摂取する事が望まれますが、淡色野菜を230g、緑黄色野菜を120g以上摂れる料理を作成したり、淡色野菜と緑黄色野菜を一緒に揃える事が不可能な日もあるので大変です。
そんな時に、青汁製品を購入しておくとぬるま湯や水に溶かして飲むだけなので便利です。1袋に2g程の粉が入っており、本来の野菜のよりも低い5.9kcal程度のエネルギー量しかありません。蛋白質や脂質、糖質に至っては、表示しなくてもいいレベルで体調を整える事ができます。

青汁による野菜不足の解消

青汁ダイエットも人気になっています。その理由は、健康的に痩せられるからです。青汁に含有される桑の葉末や抹茶、乳酸菌末等が活性酸素を除去したり、血液濃度を正常に戻したり、余分な物質を体外に排出してくれるので快便を促します。
また、お試しパックもあり、3gで10包入の物やスーパーで試し飲みさせてもらえる製品もあるので1度飲んでみて下さい。口に優しい甘味が広がり、後味がスッキリしているので野菜その物を摂取するよりもダイエットに向きの食品です。糖質量が少ないので空腹や食欲を促さずに済み、自然と適度な食事量で我慢のできる体に変わっています。
子供の頃からそう言った習慣をつけておくと、大人になってからも消化吸収が促進される綺麗な体でいられるので、見た目が老けにくいです。

野菜不足の人に対する青汁の効力

小さい頃からの食生活の影響で野菜不足が、大人になっても続いている人もいます。それでも体水分量が多かったり、他の栄養素が変化して健康を保たせている奇跡的な遺伝子を持っている方も稀にいます。
しかし、50歳を過ぎると好き勝手してきた体も悲鳴を上げ、急に心臓や脳の病を発症するケースが多いです。
野菜不足だとわかっていても野菜嫌いの方は、野菜を食べられません。命がかかっている時でさえ、蛋白質しか摂取しない方もいるくらい嫌い人に取っては食べにくい物です。
しかし、青汁の場合は、1日2回飲むだけだったり、フルーツが入っている製品も登場しているので野菜嫌いな人にも飲みやすいです。噛まなくていい分、野菜のえぐ味を避けられるので苦手意識を克服しやすいです。
また、子供の頃から不足していた野菜の成分が体に流れる事によって過酸化脂質を取り除く効果が強まるので、吐く息体臭まで良い物に変わります。
野菜は皮膚や歯、臭いにまで影響を及ぼす最強の食品なのです。