赤ちゃんがアトピーで悩まれている方、最近では多いと思います。わたしの子ども(1歳)も、生後6カ月ごろから、湿疹が強まり痒みが出てきました。最初は、乳児湿疹ではないかと様子を見ていましたが、一向に治まる気配がなく1カ月ぐらい経過してから小児科を受診し、アトピーだろうと言われました。
わたしも主人もアトピーもちで、子どももなる確率が高いと思っていましたが、こんなに早くになってしまうのかとショックでした。それまで、アレルギー予防用の粉ミルクを使用したり、保湿にも気をつけていたのでやはり遺伝的な要素が大きかったのかと思いました。

受診後に、抗アレルギー剤の飲み薬とステロイド剤の軟膏を処方してもらい、現在は弱めのステロイド剤と保湿剤をお風呂上がりに薄く塗る程度に治まっています。
主治医からは、乳児期のアトピーのほとんどは保育園、幼稚園に行くごろには完治すると言われました。
最初は、ステロイドのお薬を使うことにも抵抗がありましたが、状態がひどいままだと子どもの発達にも影響してしまうということを言われ、もっと早めに受診し治療を始めていればと思いました。また、うちの子どもは、アレルギー検査を行った結果、卵と小麦に陽性反応が出ました。
それまで、離乳食に小麦が使われている物を食べさせていたこともアトピーの症状を悪化させてしまったのだと思います。
アトピーの原因は、人それぞれだと思いますが、症状がつらくなる前に早めに受診し正しい治療を始めることが大切だと思います。
⇒これからのお肌お手入れは【ファムズベビー】