生まれて間もない赤ちゃんの肌はとてもデリケートなため、大人では思ってもみないような肌トラブルが起こることがあります。特に腕や脚の関節やおむつを当てる部分、顔などに湿疹ができることは多く、心配で診察を受ける前からアトピーを疑い、悩んでいるママも多いのではないでしょうか?
特に新生児の時期は脂漏性湿疹ができやすく、この症状をアトピーと勘違いする方も多いようですが、この症状は一過性のものですので、清潔にすることで徐々に症状が出なくなります。脂漏性湿疹のケアは、清浄綿でふき取るのがおすすめです。
脂漏性湿疹や汗疹以外で、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断された赤ちゃんのママは、心配で仕方ないかもしれません。赤ちゃんのお肌はバリア機能が未熟なため、様々な物質に対してアレルギーを起こしやすいものです。ですが、赤ちゃんのお肌は成長とともに少しずつ強くなり、アレルギーが出づらくなることもあります。
又、セカンド、サードオピニオンによってはアトピーではないと診断されることもありますので、初めからステロイド治療に走らず、まずはアレルギーが起きにくい生活に変えていくのがおすすめです。スキンケアは、なるべく添加物の入らない、無香料、無着色タイプの保湿剤が良いでしょう。
保湿剤に限らず、洗浄料についても同じことが言えます。赤ちゃんのスキンケアに使用する化粧品は、赤ちゃん専用か敏感肌用など、低刺激タイプを使用すると安心です。

⇒これからのお肌お手入れは【ファムズベビー】