花粉症は、鼻ずまりや目のかゆみといった症状が、何日も続くのでつらいと思います。
たまに風邪なのか花粉症なのか、症状が似ていてわからないときってありますよね。
喉の痛みや熱が出たら風邪と思っていいでしょう。
そうでなければ、花粉症です。
そのため仕事中や勉強中のときに集中力がきれてしまい、イライラしてしまうこともあるように考えられます。
病院で薬をもらったはいいのですが、今度は眠気が邪魔したりと悪循環になってしまうと思います。
うまく花粉症とつきあっていくのは、大変だと思います。

花粉症の対策について

まず外出するときはマスクや花粉症専用の眼鏡をかけることをお勧めします。
コンタクトレンズをしている方は、花粉がコンタクトレンズについて目のトラブルを起こす原因になる可能性があります。
なので、花粉症の時期はコンタクトはしないほうがいいと思います。
外出先から帰ってきたら、外で衣服に付いた花粉を落としてから家の中に入りましょう。
洗濯物も花粉症の時期は、外に干さないことです。
外に干してしまうと、そこでまた花粉が洗った衣服についてしまうからです。布団なども同様です。
家にいるときは、睡眠をよくとりお酒やタバコは普段より控えるように心がけましょう。

花粉症の薬

花粉症の症状やその人が何のアレルギーかによってもかわってきます。
鼻水や鼻づまりを緩和するお薬として点鼻薬があります。
点鼻薬は副作用があまりないので副作用を起こしやすい人でも安心して使えると思います。
その他、目のかゆみで悩む方もいられると思います。
目がかゆいからゴシゴシかかないようにしてください。
かいてしまうと逆によくないのです。
悪化してしまい、角膜に炎症をおこしてしまう場合があります。
かゆいときは、まず目を冷やすことです。
一時的ではありますが、かゆみをおさえることができます。
そして目を洗うこと。
この場合、水道水ではなく目薬を使用して洗ってください。
ただ目の洗いすぎには注意です。
洗いすぎると涙の成分まで洗い落としてしまい、目のトラブルになることもあるからです。

まとめ

花粉症はアレルギーが原因です。
ドラッグストアなどにいくと、花粉症対策の商品がたくさん売られてます。
毎年症状が出るのがわかっているのなら、早めに花粉症予防の商品をかって備えたり、早めに病院にいきお薬を処方してもらうのがいいと思います。
花粉症になると、病院もこみます。
花粉症のお薬をもらうのは耳鼻科と思ってる方が多いと思います。
病院にもよりますが、近年では内科でも処方してくれます。
そこは事前に病院に電話して確認してから行った方がいいと思います。
早めに病院で治療してもらったほうが、焦っていくより症状が楽になると思います。