春になると花粉症に悩まされる人が多くなります。

症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどがあります。

花粉症の9割以上の方が鼻づまりの症状があると言われています。

花粉症を防ぐ為には花粉症の対策を行い、理解する事が肝要です。

花粉症を引き起こす原因

花粉症は、スギなだの花粉が一般的には原因となって起こるアレルギーです。

スギ花粉症は冬の終わりから春にかけて多くの人を悩ませます。

その他にもヒノキやヨモギなど約50種類の植物から花粉症を引き起こす原因になっています。

花粉症の原因となる花粉は空気中に多く含まれています。

花粉症の症状悪化を防ぎ改善するには

症状の悪化を防ぎ改善するには花粉をできるだけ避けるように日常生活でセルフケアする必要があります。

鼻の洗浄が花粉症には効果的

鼻の中に入っている花粉を取り除くには、鼻の洗浄が花粉症には効果的です。

しかし、水道水なので洗ってしまうと塩素で鼻の粘膜を傷つけてしまいます。

鼻を洗うときは市販されている洗浄液や食塩水を使用する事がオススメです。

洗浄のし過ぎも悪影響になるので注意が必要です。

花粉症の症状が出ている時は、鼻の中で炎症が起こって粘膜の機能が低下している可能性があります。

炎症を抑える為には加湿を行い、水分を補う必要があります。

花粉症になると鼻をかむ事が多くなります。

鼻が荒れたらワセリンで保護

鼻のかみ過ぎが原因で鼻が荒れてしまったら油分100パーセントのワセリンなどを使い保護する事が大事です。

乳液などを使用すると傷がある場合は染み込んでしまい悪影響を及ぼす可能性があります。

鼻が荒れないように、鼻をかむ時に保湿ティッシュなどを使用する事もオススメです。

花粉症の初期療法

花粉症を毎年辛いと感じている人は、症状を感じる前から治療を開始する初期療法が良いです。

花粉が飛び始める二週間前から第二世代抗ヒスタミン薬などの経口治療薬を投与する治療法です。

事前に薬を飲み始める事で、症状が出る時期を遅らせて、花粉が飛ぶピークの症状を軽くする効果が期待できます。

花粉の時期の服装は

花粉の時期には服装も変える事が必要です。

ウールなどの花粉が付きやすい素材はできるだけ避けてる事が良いです。

女性は首筋を護るスカーフの使用も効果的です。

男女問わず、つばの広い帽子を被るのも顔や髪の毛につく花粉を少なくする効果が期待できます。

静電気が付かないように市販されている花粉を付きにくくするスプレー有効です。

帰宅時などには玄関前で花粉を払ってから家に入ることをオススメします。

まとめ

花粉症は、自分が意識して改善をする事が出来ます。

まずは自分の花粉症の状態を知る事が肝要です。