花粉が飛んでくる季節になると、辛くなる人がだんだんと増えてきます。

花粉症に悩む人は、私たちの周りにもたくさんいますが、鼻水が出てくるだけでなく、目のかゆみを訴える人も少なくありません。

普通の生活を送る中でも、苦痛を伴うのですが、それだけでなく、身体もだるくなったり、仕事をしたくても、全く集中力が出てこなくて、苦労することもよくあることです。

コンタクトレンズ使用者の花粉症には目薬は効果的?

こんな中で、コンタクトレンズをはめている人も最悪な状態に陥ってしまいます。

かゆみ止めどころか、花粉が目に入り痛みさえ出てくるからです。

そうなると、目を開けることもままならない状態になり、歩くこともきつくなってきます。

コンタクトレンズを装着している人にとって、花粉症は、とても厄介なことです。

このような痛みやかゆみを抑えるためには、よく目薬を使うことがあります。

薬局での花粉症向け市販薬の効果は?

最近は、薬局でも花粉症向けの市販薬が販売されていますので、これを使うことも効果的です。

しかし、コンタクトレンズで注意しなければならないことは、花粉のせいで角膜を傷つけることです。

これは、目が乾燥しやすい時期でもおこり得ることですが、その時期に花粉が飛び易くなっています。

それが故に、コンタクトレンズだけだなく、花粉でも傷付きやすくなる環境になります。

一度、角膜が傷付くと完治するまで結構時間がかかってしまいます。

下手をすると、目薬だけでなく、角膜の再生を促す軟膏を角膜に塗るということまでもしなければならなくなってしまうのです。

花粉症は市販薬より眼科で診察が必要

片目の状態で生活することや仕事をすることも大きな障害となりますので、目のかゆみが出てきたなら、市販薬を使うより、キチンと眼科に行って診察を受けることが必要です。

眼科でも花粉症対策としての適切な診断や指導をしてくれますし、自分に合った目薬を処方してくれます。

コンタクトレンズを使っている人は、鼻水で悩まされている人以上に、花粉症に注意を払うことが必要ないのかもしれません。

花粉症の時期には、コンタクトレンズではなく眼鏡

花粉症の時期には、コンタクトレンズを使うのではなく、眼鏡で凌ぐということも出てくるでしょう。

眼鏡では視力が余りでないという人や眼鏡をしている姿が恥ずかしいと感じる人にとっては、ゴーグルをハメて生活することもできます。

花粉症は多くの人の生活や仕事でマイナス面ばかりなのですが、コンタクトレンズを使う人にとっては、本当に辛く最悪の時期と言えるでしょう。

だからこそ、早め早めの処置をして置くことが必要ですし、それによって、痛みもかなり軽くなってきます。