腸内細菌とは?

腸内細菌は人や動物の消化器内に常に住み続けている常在細菌の事を言います。
腸内細菌は人の体に勝手に住んでいるだけではなく、人にとっても良い影響を与えています。人は食べ物を取り体を保つ事で腸内細菌に栄養と住み家を提供しています。腸内細菌は逆に外から入ってきた有害な細菌と戦い消化器の感染を予防すること、消化を助けるなど腸内環境を整える役割をになっていますね。例えるとしたら、人が大家さんで腸内細菌が地域に住み地域で働く人たちになりますね。
腸内細菌がどの程度いるのかを知られると驚かれます。数は最大約1000兆、体重の3%程度と言われています。55kgの大人では1.5kg、10kgの子どもでも300g、大きなおにぎり1個分と同じ量ですね。私たちはそれだけ多くの腸内細菌と共に生きており、大便の半分以上は腸内細菌の死骸と言われます。

子どもの腸内環境にも影響する腸内細菌の働き

私たちと共に生きている腸内細菌の働きについてお話します。今回は3つに分けてお話しします。

[su_list icon=”icon: check-square-o” icon_color=”#f55e9b”]

  • ⑴免疫機能
  • ⑵食べ物から栄養分を作る機能
  • ⑶神経伝達物質を作る機能

[/su_list]

この3つを詳しく説明致します。
まず⑴免疫機能です。腸内細菌は腸の表面一杯に広がり腸を守っている事から『腸内フローラ』と言われます。乳幼児はヨーグルトで有名な善玉菌のビフィズス菌が主力になり、腸の中を酸性に保つ事で外から入ってくる細菌の増殖を防いでいます。この効果は子どものお腹の風邪と言われるロタウイルス、大人ではノロウイルスやカンピロバクターによる感染性胃腸炎を予防しているとされています。ロタウイルスは冬に流行する子どものお腹の風邪で、重症化すると脳炎や髄膜炎を生じる恐ろしい感染症です。腸内細菌はこの恐ろしい感染症から子どもを守ってくれています。他にも腸内細菌が正常に働いている子どもにはアレルギーを起こしづらいとも言われています。

次の⑵の食べ物から栄養分を作る機能も大切です。腸内細菌は人では自力で消化できない食物繊維を独自の酵素を使って分解しエネルギーに変える働きがあります。その他にもビタミンB1とB2、ナイアシンと呼ばれるビタミンB3、ビタミンK、葉酸と体に必要な多くのビタミンを腸内細菌が食べ物から作り出して体に与えてくれています。中でもビタミンKには血液を固まらせる凝固作用があります。ビタミンKが不足すると消化器からの出血が止まりづらくなり、血便が起こりやすくなってしまいます。

そして、⑶の神経伝達物質を作る機能です。腸内細菌によって生み出される神経伝達物質にはドーパミンとセロトニンがあります。ドーパミンは運動と気分を上げる活動、様々な学習に使われる物質です。この物質が正常に働かない事によって子どもに生じる事にADHDや精神疾患があります。また、セロトニンは食品に含まれるトリプトファンを原料に作られます。セロトニンの90%以上は腸にあると言われていて、セロトニン不足は不眠症やうつ病につながります。精神疾患に関わるセロトニンは脳の中で作られると言われ、腸のセロトニンは体の生活リズムに関係していると言われていますが、90%以上が腸の中にある事から腸内細菌の働きも無関係ではないのかもしれません。

腸内環境を改善する事は健康な成長にもつながる

このように腸内細菌は人の体の一部として、私たちが生きていくのに欠かせない存在です。
専門的な研究では、この腸内細菌の働きが子どもの成長にも大きく影響しているそうです。大きく分けると①消化器感染の予防、②アレルギーなどの免疫機能の異常、③ストレスによる影響の3つです。先ほどお話しした腸内細菌の働きの異常で起こることが、大人だけではなく子どもにでも起こりうる事になります。
改善方法は様々です。長年の食生活そのものを改善するには時間がかかるのかもしれません。子どもにも使えるサプリやタブレットを使う方法もあるでしょう。
親が育てる以上、食生活や生活習慣は親の生活の癖がそのまま子どもの生活習慣となります。子ども達が健康な生活習慣を身につけ、将来の病気を予防するためには、親自身が健康な生活習慣を身につけなければなりませんね。