看護師というお仕事は不景気とは関係のない職業だとよく言われます。
確かに他の仕事とは異なり、医療業界では看護師不足と叫ばれており、ある意味そうかもしれません。
しかし、看護師の仕事に従事している人の中には、転職を渇望している人も少なくありません。
それはなぜでしょうか?

重労働から来る転職希望

総合病院や退学表だと昼間の通常勤務の他に夜勤というものがあります。
中には夜勤、準夜勤という形態で3交代制を取っている病院もあります。
ここに長らく勤めている看護師の方々は、子どもの養育や体の色限界から、交代制のない病院に転職を希望する人もいます。
このような看護師さんにおいては、地元の開業医や個人病院での勤務という環境を見つけることがいいと思われます。
交替制がない分、収入は減ってしまいますが、家庭の事情を考えると、そのような選択肢も現実的な選択だと言えるでしょう。

収入を増やしたい転職

交替制がない病院に勤めていると夜勤手当がない分、収入が低くなるのが一般的です。
収入を増やそうと思えば、より条件の良い病院を探さなければなりません。
最近は、看護師専門の転職サイトが多くなってきますが、これらの転職サイトでは、地域別検索により、自宅に近い病院やより収入条件の良い病院を探す事ができるので、活用する価値は大いにあると思われます。

新人看護師が陥りやすいリアリティショックについて

新人看護師は就職をした時に、患者さんのところで、よい看護をしたいと思いますよね。しかしその現実は、患者さんのこと以外のことで忙しかったりして、その理想とかけ離れた現実に悩み、ショックを受けることはあります。
そんな時、その解決について、お話します。

・理想と現実が違うことを受け止める
新人の時は、理想を持っていて当然です。
しかし現実は、はっきり言って、そんなに甘くありません。
そのことは、悲しいことですが、受け止めて働くことです。
そして仕事に慣れてくると、要領を覚えて、ある程度自分が思っている看護を行うことができるようになります。
その時までは、なんとか頑張るようにしましょう。

・一人で悩まない
新人看護師はその悩みを、ひとりで抱え込んでしまうこともあります。
そのため、余計に辛くなるのです。
悩んでいる時は、先輩看護師等に相談をするようにしましょう。

新人看護師は、何が何かわからないまま、仕事を行うこととなります。
そのため、仕事内容を覚えるまでは、自分の理想とはかけ離れた内容となってしまいます。
しかし、仕事内容を覚えてくると、そのこともできるようになってきます。そのため、その時まで頑張るようにしましょう。そして悩んでいる時には、相談をしてくださいね。