何気なく目にした鏡に映った顔に、くっきりとほうれい線が刻まれていてギョっとしたなんて経験はありませんか?
鏡や人目を意識している時には、特別表情を作るという意識が無くても、表情筋が軽く緊張をしているので、ほうれい線も目立ちにくいんですよね。
でも、完全にリラックスしている時や、無表情の時には筋肉の緊張がないため、ほうれい線がしっかりと目立ってしまうんです。

ほうれい線の正体は?

一言で言ってしまうと「顔のたるみ」です。
日本人は感情を表現するのがヘタな国民だと言われていますよね。
それを謙虚さや奥ゆかしさと呼ぶ事もできるのですが、感情を表現するのに最も有効な表情を作るのが苦手なため、どうしても表情筋が衰えてしまいがちです。
顔の筋肉がたるんでしまうと、その上にある皮膚も重さに引かれて垂れ下がり、フェイスラインの乱れやほうれい線が出来てしまいます。

では表情筋を鍛えれば、ほうれい線を消せるのかと言うと、実はそう簡単なものでもないんですよね。

せっかく筋肉を鍛えても、肌にハリや弾力が無くては、ほうれい線は残ってしまいます。
ほうれい線を目立たなくする為には、表情筋を鍛えつつ、お肌にハリと弾力を持たせなければなりません。

コスト0円のセルフケア

表情筋を鍛えるのに有効なのは、口を大きく開けて動かす事です。
声に出さなくても良いので、大きな口で「あ・い・う・え・お」の形を作るだけでも違いますよ。
一歩進んで、大きく口を開けた状態で天井を見上げ、舌を思い切り突き出すのも効果的です。
食事の際には奥歯をしっかりと噛みしめるのも良いですね。

お肌にハリと弾力を与えるためには、しっかりとしたスキンケアが大事です。
肌質に合ったコスメを使い、お肌の若返りを目指しましょう。

意外と見落としがちなのが頭です。
一見関係なさそうに思われがちですが、頭と顔は繋がっています。
頭が凝っていると顔の筋肉も凝りやすくなりますし、肌の弾力も落ちてしまいます。
爪を立てないように注意しながら、髪の生え際にある前頭筋を持ち上げて20秒程保持しましょう。
こめかみ近辺、耳の上あたりにある側頭筋も大事です。
両手の腹を耳の上あたりに添え、上に引っ張り上げた状態で20秒程保持して側頭筋をほぐしましょう。
後頭部にある後頭筋をほぐすのには、頭上で両手の指を組合せ、親指の腹に力を入れてつまみ上げ、20秒程保持するようにすると効果的です。

まとめ

ほうれい線ケアには、表情筋を鍛え、適切なスキンケアを行い、頭部のコリをほぐしてあげる事が有効です。
日常生活では、しっかりと口を動かし、時には歯を食いしばる事を意識するようにしましょう。

ほうれい腺の原因と改善方法や化粧品について紹介