看護師として働いていると、毎日残業があると、心身ともにクタクタになってしまいます。
そんな時には、残業をすることがないように、計画的に働くことが大切となってきます。
その内容について、まとめてみました。

・勤務の最初に何時に終了させるという目標を持つ
何気なく働いていると、その作業に流されてしまいます。
それは、働く時間について、きちんと管理をすることができていないのです。
そのため、勤務の最初に、何時に仕事を終了させようという、目標を持って行動することが大切となります。
慣れていない時には、タイムスケジュールを立てるといいですね。
すると、計画的に行動をすることができるようになり、残業を少なくすることができます。

・スタッフ全員で残業をしない日をつくる
自分一人で頑張ったとしても、ほかのスタッフが仕事が終了していないと、帰宅をすることができないということがありますね。
そんな時には、スタッフ全員の意識を変えることが重要なのです。
たまには、残業をしない日をつくる等、残業について、改善をする風土を作りましょう。

残業は、出来るだけしないように、勤務の最初に目標を終了時刻の目標を持ちましょう。
またスタッフ全員で残業をしないという、風土作りをするように働きかけましょう。

仕事が忙しすぎると悩む看護師について

看護師として働いていると、仕事が忙しすぎて、これではやっていけないと悩む事ってありますね。そんな時には、看護師として働く事がいやになりますよね。
その悩みについて、まとめてみました。

・看護師として患者さんを助けているという使命を持つ
そのように悩んでしまう時には、看護師の原点に戻る事が大切です。
仕事が忙しい、疲れて嫌になる、そのように思ってしまう事はよくわかります。
しかし、仕事なので疲れてしまう事は当然であると思うようにしましょう。
また、看護師として、患者さんを助けている使命を持っているという、気持ちを絶えず感じて働くようにすると、忙しくてもやりがいを感じる事ができます。

・仕事以外でリフレッシュをする
忙しいと思っている時には、心身ともにクタクタになっています。
そんな時は、看護師を辞めたいと思うこともあります。
心が疲れてくると、そのような気持ちになることがあるのです。
そんな時には、休みの日などに看護と全く違う事をして、気持ちをリフレッシュさせるようにしましょう。

看護師として忙しくて、悩んでしまう時には、看護師の仕事の原点に戻るようにしてやりがいを感じましょう。
そして休みの日には、リフレッシュをして心を休めてあげる事が大切です。