勤務時間は決まっているにも関わらず、常に残業を強いられる医療現場があります。

医療現場が定刻に終わることの方があり得ないもので、残業をすることでそれだけ給料に加算されていてばいいと割りきれていれば構いません。

しかし本来決まっている労働時間以上に常に働くことを苦にしている看護師も当然います。

この医療現場にいる限りにおいては常に定刻に仕事が終わることがないわけで、家庭のことが後回しになってしまうことが後ろめたく感じるようにもなってしまいます。

そこで繁忙期や緊急の時のように仕方のない時はともかく、普段は家庭のことも気にかけることの働きかたのできるように転職をしたいと思うようになってくるはずです。

看護師転職のタイミング

看護師にとっての転職のタイミングですが、もちろん採用先が見つかることが最優先であることは間違いないありません。

ただ自分の都合だけで離職をすれば今の職場に欠員ができてしまい、とても迷惑になってしまいます。

そこで秒院長や総務部など採用に関わるところと綿密にコミュニケーションを取りようにするべきです。

いつまでもここで仕事をするべきか、さらにはたとえ慰留をされても既に新たな職場も決めていることなどを伝えて、離職の日程を決めるようにしていくといいでしょう。

欠員が出ると医療現場はもちろん患者にも迷惑がかかりますから、いきなりの離職ではなく数ヵ月前から欠員がでないように準備ができたり、これまでの仕事の申し送りをしておくようにしましょう。

同じエリアの医療の仕事はかなり狭く、離職の際に迷惑になる行為をしていると、その事が転職先にも自然と漏れ伝わってくることがあるだけに丁寧な転職の準備が必要です。