今度大口の買い物をすることになり、カード使用だとポイントが貯まるので、カードで支払いをしようと思います。

楽天カードも持っているのですが、こちらはポイントが余分につく日があると聞いています。
それは、金曜日というのは正しいですか?

また、楽天市場での買い物でなくても楽天カードで支払えばポイントがアップしますか?

楽天カードを賢く使う方法をお教えしますね!

1、楽天市場でカードで買い物すると常に2%還元
2、金曜日に楽天市場でカードで買い物すると3%還元(1の1%も含む)※金曜日ポイントは1%となり、この1%分は期間限定ポイントですので、使わなければ消失します。

楽天サイトで会員ログイン状態で、楽天カードで決済すれば2%。
それ以外のサイトや、実店舗や、口座引落は、基本的に1%。
ポイント加盟店サービスで、楽天カード決済すれば3%。

カードについたポイントはANA・Tポイント・ローソンポイントのみで使うことが出来ます。

楽天ブラックカードは、楽天カードの最上位カードで、インビテーションが送られたカード会員のみ入会が可能。
“ゴールドカード”に分類される「楽天プレミアムカード」はもちろん、“一般カード”である「楽天カード」の会員もインビテーションが送られてくる可能性があります。
この楽天ブラックカードの売りは、楽天グループ内でのポイントの貯まりやすさが第一で、次いでプライオリティ・パスに無料登録でき同伴者2名まで無料で空港ラウンジを利用できる点。

カード名称に“ブラック”の名が含まれていますが、中身的にはプラチナカードクラスと捉えるのが妥当なクレジットカードです。
なお、残念なことにこのカードにはコンシェルジェ・サービスが付帯しておらず、MasterCardブランドでありながら、マスターカード・ワールドワイドが提供するプラチナやチタン、ワールド会員向けの特典も利用できないので、注意が必要です。

楽天ブラックカードは、楽天カード株式会社が発行する「楽天プレミアムカード」または「楽天カード」会員の中から厳選された方へインビテーションが送られてくるクレジットカード。
ただし、インビテーションが送られる“ハードル”が高く設定されているようで、年間100〜200万円の利用はおろか、「年間500万円は利用している!」という方でも届かないケースも・・。
年会費が安めに設定されたプラチナカードとしては、このようにハードルが高いのは異例で、「社会的地位」を重視している、「楽天グループ内での年間利用額が大きい」など、他の要素を重視している可能性が高いプラチナカードのように思われます。
実際、このカードは楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループを毎月よく利用する方に大きなメリットがありますので。