顔朝起きて、鏡に映った自分を見た時に、
歳を取ったな・・・と思う悲しい気持ち。
もちろん私達が歳を重ねていくことは、
人として当たり前のことですよね。
しかし、これがあるから更に老けて見えるのだと思うのです。
それが、口元にくっきり現れた「ほうれい線」!
同じ年齢でも、はたまた年上の方でも、
ほうれい線など一本もない人はたくさんいます。
この憎き「ほうれい線」ができる原因と、その解消法を考えていきたいと思います。

1、加齢による表情筋の衰え
  実は、日頃よく笑ったりおしゃべりする人でも、
  2割ほどの筋肉しか使っていないと言われています。
  そのため、使われない筋肉は年を重ねるとともに衰え始め、
  シワやたるみが現れることに・・・。
  そして、こうなることで、ほうれい線ができてしまうと言われています。
  そのため、日常的に表情筋を鍛える必要があるのです!
  最近では、様々なテレビやニュースでも、
  表情筋を鍛える顔や口のエクササイズを紹介していますので、
  ご自分に合った方法を発見して、
  ぜひ丈夫な表情筋を作る努力をしてみて下さいね!

2、顔のむくみ
  私たち人間の60%以上は、水分で成り立っているといわれています。
  そして顔の水分は、
  睡眠時は顔が水平になっているため、顔全体に水分が行きわたっています。
  しかし、起きている時間は、頭が起こされている状態ですので、
  必然的に水分が下に貯まります。
  これがたるみの原因になり、ほうれい線が出現する原因となってしまうのです。
  そこで、これを解決すべく発案されたのが、「ベロ回しエクササイズ」!
  方法は至って簡単で、口を閉じたまま舌を歯の表面に沿ってぐるりと回す。
  これだけです!
  また、寝る前に水分を控えることも、むくみ予防になります。

その他、ほうれい線ができる原因は、
「生まれつきの骨格」「 肩こり」「猫背」「頬杖」など、
様々なことがあると言われていますので、
良くないと言われることを、確認したり改善することで、
ほうれい線解消に向けて、日々努力あるのみだと思います!