幼稚園は、幼い子供たちにおいて一番初めの集団で日々を過ごすところです。

であるからこそ日々の通園が笑顔になれる好みのグッズで送ってあげたいものですよね。

幼稚園で必要な物や、手間のかかるお名前準備、入園の前の気構え等の入園する前に知っておきたい内容がたくさんあります。

幼稚園の準備をスタートするまえに

最初のうちは園からの準備品一覧表を手に入れて、入園一連の流れが整った後は、入園準備ですよね。

準備期間は1カ月~3カ月しかないのに、準備物ってたくさんありますよね。「なかなか大変」という先輩お母さんの会話をよく聞きますし、早いうちにやり始めたいものですが、入園準備は園の方より入園リストが手渡されてからをお勧めします。

※詳しくは必ず各幼稚園・保育園でお確かめください。

生活用品の準備品

・制服、スモック、体操服、帽子…園指定の購入のケースがほとんどです。
・ハンカチ、タオル類…数はいくつか準備を!
・お弁当グッズ…給食の園は不要です。お弁当箱、おはし、スプーン、フォーク。
・はみがきセット…コップと歯ブラシ。歯磨き粉はなくていいです。
・くつ…上履き、通園靴等、上履きは規定のケースが多いです。
・雨の日セット…雨の日の通園に、長靴、レインコート、カサ等。

幼稚園の日常生活は自分で

それは園のやり方にもよりますが、入園すると数十人のこども達と集団で生活をします。担任の先生や補助の先生もつきますが、年少さんだと2人ないし3人の先生で幼児たちの保育を担当します。

ですから、年的にも、環境的にも、「自分のことは自分でする」と言われることと思います。

これまで、困難なことや不安があっても、身近で静かに見守ってくれるお母さんがいたわけですが、先生達は全体を見るので、自分だけの子にピッタリくっついていることは出来ません。

ですから、園に通う場合に必要となってくる日常生活のことを前もってやれるようにしておくことをオススメします。

まだやれなくて当たり前なんていう風に思っていると、できちゃう事も出来ないままです。

靴の脱ぎ履き

外遊びなどにおいて靴の脱ぎ履きをします。

出入り口は混雑しているし、みんなに立ち遅れないようにもしていきたいし、ちゃっちゃと脱ぎ履きしたいものです。

自らできない子はやれるように、今はできちゃう子は、より早くできるようトレーニングしてみてください。

更に、靴は脱ぎ履きしやすいように、寸法があっていて取り組みやすいものを通園用に準備しましょう。

ほんの少し履きにくいけどカワイイといった靴は外出用・お家の事情用で良いのです。動きにくいヒールやサンダル靴などはやはりタブー。

入園準備手作りの入園グッズ

・レッスンバッグ
・上履き袋
・着替え袋
・体操服袋
・ランチクロス・ランチョンマット
・給食袋
・コップ袋
・エプロン・三角巾

上履き袋は、しっかりとした生地ですと、収納するのが簡単ですよね。

通園バックは園規定の物があるところもほとんどですが、準備する場合は持ち物が余裕をもって入るサイズが一番です。

キルト等で厚めのものであれば丈夫で長持ちするでしょう。

子どもさんが大好きな柄やカラーの生地でかわいらしく手作りしてみるのも良いですね。

ひな祭りで子どもが喜ぶ定番のメニューとは?