1度かかってしまうと完治しないと言われている花粉症。

花粉症デビューしたその年から辛い花粉症の症状にこの先ずっと悩まされるのかと考えただけで憂鬱になりますよね。

多くの人が悩まされる花粉症は春先だけのものではないのです。

なんだか体調がおかしいなと感じたらそれは季節外れの花粉症かもしれません。

年間通して毎日の習慣から花粉症の対策を

なぜ季節外れの花粉症なんて存在するのかというと花粉症の原因となる代表的な植物がスギ花粉・ヒノキ花粉ですよね。

その中でもスギ花粉とヒノキ花粉は飛散量も飛散距離も長く飛散時期は2月~5月とされています。

なので春の花粉症の原因の代表ともされているんですね。

しかし実は、ほぼ年間を通して何らかの花粉が飛んでいるんです。

8月~10月ならブタクサ花粉・イネ花粉なら4月~8月・ヨモギ花粉なら8月~10月。

こういった夏や秋にも花粉が飛んでいるという事を知らない人は多いです。

その為、花粉症の症状でもまさか花粉症とは思わないので風邪だと間違った判断をしてしまうんですね。

なので春以外の季節は花粉症対策をしない方も多いですが普段から外から帰宅した時には顔を洗う事で顔についた花粉を落とす事が出来ます。

うがいをすれば喉の流れた花粉を除去できます。

うがい手洗い・洗顔といった日頃の習慣が花粉症対策になるんですよ。

免疫力を上げると花粉症の対策になる

日本人の約25%が花粉症と言われています。

その数は年々増え続けているそうです。

けれど同じ家に住む家族でも花粉症の家族とそうじゃない家族もいたりして同じ環境の中なのにどうして?と思うかもしれません。

実は花粉症には免疫力も関係していると言われています。

免疫応答の重要な役割りを持つヘルパーT細胞が正常に機能していれば花粉症にはかからないのです。

けれどストレスなどの様々な原因で正常な働きが出来なくなって免疫力が低下すると花粉症になりやすくなるんですね。

免疫力を高めるにはバランス良い食事・良質な睡眠・適度な運動です。

こうして免疫力を高める事によって花粉症の症状を出にくくする体づくりにもなるんです。

毎日に習慣を取り入れて上手に花粉症対策を

花粉症は、かかってしまった人にしかわからない辛さがありますよね。

けれど毎日の中に花粉症の対策になる習慣を上手に取り入れていければ症状も暖和する事もできます。

日本の素敵な四季を肩を落として過ごすことなく少しでも花粉症の症状を軽くして四季を少しでも明るい気持ちで過ごせるよう前向きに花粉症の対策をしましょう。