野菜は毎日取りたいですが、外食が続いたり、忙しい生活が続くと食べることが難しいです。また子供に食べてほしいですが、独特の歯ごたえや風味が苦手な子供も少なくありません。しかも最近は野菜の値段が高騰し、野菜不足が進んでいると思います。野菜の栄養素には、代表的にビタミンとミネラル、食物繊維が多く含まれています。また野菜の種類のよって、多く含まれている栄養をが異なるため、様々な野菜をバランス良く摂取することが望ましいです。例えば、ビタミンAには粘膜を保護する作用があり、肌荒れや風邪予防に効果があります。にんじんやほうれん草などに多く含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えて、脳の働きを維持したり、疲労を回復する働きがあります。ごまや大豆などに多く含まれています。ビタミンCは細胞同士をつなぐコラーゲンの生成や維持に必要な栄養素で、肌荒れ防止や免疫力を上げる効果があります。ピーマンやパセリ、ブロッコリーなどに多く含まれています。食物繊維は、便を効率よく出す役割があり、不足すると便秘肌荒れに繋がります。ごぼうやモロヘイヤなどに多く含まれています。野菜を食べると、健康や美容に良い効果がたくさんあります。

野菜不足が続くとどうなるのか

野菜不足になると、肌荒れや便秘になりやすくなります。食物の中でも、野菜には食物繊維が多く含まれており、不要な物を便と一緒に排泄する働きがあります。野菜を食べないと、大腸内の便が滞り便秘になりやすくなります。そして、腸の栄養吸収がうまく出来ず、肌荒れを引き起こします。また、野菜に含まれているビタミンやミネラルなどは免疫力を上げる作用があるため、不足すると免疫力が低下し風邪などを引きやすくします。そして、野菜を食べることで肥満や生活習慣病の予防にも効果があります。野菜は、カロリーが少なく、かさが多いため食べ過ぎ予防に効果があります。また、野菜に含まれているミネラルやビタミンがイライラを抑制するので、ストレス予防にも効果があります。

野菜不足が子どもの成長に与える影響はあるか

 
子供の時期は、脳や体の成長が著しく成長する大切な時期です。野菜が不足すると、様々な影響が出ます。例えば、野菜に含まれているミネラルやビタミンは、体の様々な器官を作る作用があります。脳の発達を促進したり、骨を作ったりと子供にとって重要な働きを担っています。最近では、子供でも貧血を起こすことがあるそうです。これは野菜不足の影響と大きな関わりがあります。また肥満の子供も増えてきています。野菜を食べないと、脂質や糖質をとることが多くなり、肥満に繋がることがあります。しかし野菜嫌いの子供は多く、食べてくれないことが多いと思います。火を通しても栄養素が壊れにくい野菜も多いので、みじん切りにしたり、潰したりして、食べてもらう工夫が必要です。しかし、せっかく作っても食べてくれなかったり、手間と時間がかかるので、毎日工夫をするのは大変です。お互いストレスなく野菜不足を解消するために、サプリメント青汁を使う方法があります。中でも青汁は、野菜不足を手軽に補うため人気です。青汁には、野菜に含まれている栄養素がバランスよく配合されており、食物繊維が多く含まれていることから便秘解消の効果が期待されます。また青汁ダイエットという方法もあり人気です。最近では子供にも飲める青汁があります。品質管理や材料を厳選し、安全で子供の口に入れても影響しないです。また野菜だけでなく果物が入っているため、青汁独特の苦みを抑えています。購入しても飲むかどうかわからなければ、お試し用の無料サンプルがある商品もあるため、一度試しに使っても良いかもしれません。