子どもが小さい時から便秘がちで困っているという方がいらっしゃると思います。何日も便が出ずに、辛い思いをして排便している子どもの様子を見るのが辛いという方も多いのではないでしょうか。今回は、子どもの腸内環境を改善するためにどのようなことが出来るのかについて迫りたいと思います。

酵素を取り入れた食事をとる

まず、子どもの便を作るのは、食事と水分です。排便するのに、水分がないとなかなか便が固くなってしまい便秘となってしまうため、水分を取るということは大切な要素のひとつです。
次に大切なのは、食物繊維をとることであったり、ビタミンをバランスよくとることなのですが、その栄養素を生かすために大切となるのが酵素です。
酵素は、腸内環境、腸内フローラと呼ばれる腸内にいる菌のエサとなり、大切な栄養素です。
どのような食品に含まれているのかと言うと、味噌、ヨーグルト、キムチなどの発酵食品です。
腸内環境を良くするためには大切な栄養となる酵素をうまく取り入れたバランスの良い食事を心がけることが、子どもの腸内環境の改善に大いに影響を及ぼすのではないでしょうか。

タブレットを上手に活用する

しかし、子どもさんによっては、食が細かったりして、親がもっと食べて欲しいと思っても食べてくれなかったり、酵素が沢山含まれた発酵食品が苦手という子どもさんもいらっしゃると思います。
その時に、「なぜ食べてくれないの」「このままじゃうんちが出ないよ」と、正直な気持ちを声がけしてしまう方も多いと思うのですが、その親の気持ちを汲み取り、よりプレッシャーとなってしまい、食べられなくなったり、便をスムーズに出せなくなってしまうというケースも見られます。
便を排出するためには、リラックスした状態でないと出すことが難しいのではないでしょうか。
親も子どもも便が出ないことによって、 お互い辛い状態となってしまうという状況を避けるためにも、タブレットなどを活用するというのはいかがでしょうか。
酵素が豊富に含まれたタブレットを活用することで、酵素が沢山ふくまれた発酵食品特有の味が嫌いな子どもさんでも、気軽にタブレットによって酵素を体内に取り入れることが出来ます。
また、食が細い子どもさんでも、タブレットなら食べられるということもあるでしょう。
何より、お母さんお父さんが、食べないことによる栄養不足を心配することがタブレットにより少しでも軽減されることにより、子どもさんが食べないことへのストレスも減りますし、子どもさん自体を責めなくてもすむのではないでしょうか。

サプリも上手に活用する

『酵素を取り入れた食事をとる』でも書いていますが、腸内環境を改善し、便秘をふせぐためには、水分と食物繊維、ビタミンなどの栄養素、酵素が大切です。
たとえ酵素がタブレットにより十分にとれたとしても、食物繊維やビタミンなどもとらなければ、良い便を出すのが難しいかもしれません。
そんな時に、サプリを上手に活用することで、排便がスムーズに行えるうえ、とって欲しい栄養素もきっちりとることが出来るのではないでしょうか。
偏食によって、便秘がちな子どもさんにとって、サプリがあることにより、普段の食事ではとれない栄養素がカバーできると思います。
子どもの偏食に悩む方も多いと思うのですが、いつかは子どもさんも、食べられなかった食べ物が食べれるようになる日が来ます。
しかし、それまで待っていては、とって欲しい栄養素がとれないし、便秘となってしまうと心配ならば、サプリをうまく活用することで、心配を少しでも軽減できるのではないでしょうか。
子どもの嫌いな食べ物だからと、食卓から消してしまうのではなく、大人が楽しい雰囲気でバランスの良い食事を囲むことが、偏食などを緩和できる一歩となると思います。