私は以前、消費者金融などから多額の借金がありこれ以上返済を続けていくのは困難な状態に陥ってしまいました。

その時に弁護士の方に相談に行き、出した結論が債務整理という道でした。

自分に合った債務整理を選択する

世間の債務整理のイメージと言えば、私もそうですが借金踏み倒したようなイメージがあります。

債務整理はそうではなく、法律で借金を整理をする事によって個人を再生する事を言います。

債務整理でも種類があり、自己破産、任意整理、個人再生などの種類があり債務整理を行う人の状況によって行う方法も変わります。

自分の債務状況を理解しながら最善の債務整理の方法を選択するのが重要です。

債務整理の種類

自己破産は、破産手続きを行い裁判所からの免責を受ける手続きを行い、免責を受ける事で借金が一切なくなります。

しかし自己破産をする事で、5~7年の間はブラックリストに載るのでクレジットカードは一切作れなかったり、価値のある財産は処分されます。

任意整理は弁護士や司法書士が債務者と債権者の間に入り、和解を行うので債務者にかかる負担は他の方法に比べ一番軽いです。

任意整理も自己破産と同じくブラックリストに載るので5年ほどはクレジットカードは作れません。

個人再生は、住宅ローンがある人にとっては自宅を処分せずに負債を5分の1に減らす事が出来ます。

しかし債務整理のなかでも一番手続きが難しく複雑な為に、申し立てが通るまでにかなりの手間と時間が掛かるので負担は大きいです。

債務整理は世間的にあまりいいイメージは無いかもしれませんが、借金問題で悩んでいてそれが理由で自殺や夜逃げに追い込まれる方も多くいます。

法律で整理できない借金はないので、1人で悩まず必ず弁護士の方などに相談する事で、先に進む道は開けると思います。