今年1月下旬にフルモデルチェンジしたトヨタのミニバン『 ノア・ヴォクシー 』。発売当初から注文が殺到し6月となった現在においてもノアは『 1ヶ月半 』人気の高いヴォクシーにいたっては『 2ヶ月半 』の納車となっているもよう。

ヴォクシーハイブリッドにはZS同様のエアロが付いたモデルが無く、7人乗りしか用意されていないなどから、ヴォクシーのガソリン車へ人気が集中し一部ハイブリッドのほうが納期が早まるタイプもあるという。

今後はノア・ヴォクシーどちらとも徐々に納期が早まる傾向にあるようで年内までには1ヶ月程の納車が可能になるようです。

一方・・・

以前から噂となっていたノア・ヴォクシーの派生車種の存在ですが、車名を『 ESQUIRE・エスクワイア 』と名乗り、どうやら今年末(12月)には市販化されるようで、ヴォクシーが『 ネッツ店 』ノアが『 カローラ店 』での専用販売となっており『 トヨタ店 』が一刻も早く売れ筋のミニバンが欲しいということなどから発表・販売が2ヶ月前の10月に前倒しされる可能性もあるようです。

このノア・ヴォクシーの兄弟車種『 ESQUIRE・エスクワイア 』は、プラットフォームや内外装大半の部分はノア・ヴォクシーと共有となるようですが、高級感を演出し差別化が図られノア・ヴォクシーよりも上位の位置付けとなるようです。

月産計画台数は2,500台程と計画されているようで、ラインナップは『 1.8L 直4 ハイブリッド 』のみとなりガソリン車は用意されない、したがってハイブリッドのみの設定となるため価格は少々高めとなることが予測され、300万円前後からの価格となるようで『 トヨタ店 』のみでの専用販売車となります。